【トランスコスモス】オムニチャネルマーケティングツールでターゲティング広告の配信を開始

03_S_02-100994002

トランスコスモス株式会社 (代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、以下、トランスコスモス) は、
株式会社フリークアウト(代表取締役:本田謙、以下、フリークアウト)と連携し、
ターゲティング広告の配信を開始します。
リアル店舗のアクセス・クーポン利用履歴やアプリの閲覧履歴などを活用して、ユーザーひとりひとりに合わせた広告配信ができます。

トランスコスモスのオムニチャネルマーケティングツール「OFFERs」と
フリークアウトのDMP/DSPを連携

「OFFERs」は、オムニチャネルマーケティングサービスです。
スマートフォンを持つお客様にOne to Oneの広告配信・管理が可能です。
また、個人別に時間、オファー、アプリ内コンテンツを活用したデータ分析を行うことができます。
さらに位置情報、会員証/POS等と連携することで、購買情報を加えたより高度なオムニチャネル分析が可能となります。

フリークアウトのDMP/DSPと連携することにより、

ひとりひとりにパーソナライズされた広告を配信

「OFFERs」でOne to Oneの広告を配信し、リアル店舗のクーポン利用履歴やイベントへの来場状況など、オフライン系の行動履歴データが取得できます。
フリークアウトDMP/DSPでは、Webサイト上の行動履歴、外部オーディエンスデータなどのオンライン系データが取得できます。

これらのオンライン/オフラインのデータを統合することで、ユーザーの行動履歴にあわせた最適な広告コンテンツの配信が可能になります。

広告事例としては次のようなものが考えられます。

優良顧客となる可能性が高いユーザーへアプリのダウンロードを促進する広告。
アプリの使用頻度の低いユーザーへのアプリ利用促進広告。
クーポン未使用者への来店促進広告など。

スマートフォンが普及し、オンラインだけでなくオフラインのデータ取得機会も増えたことにより、オムニチャネル化で、より自社のユーザーひとりひとりにあわせたマーケティング施策を実現できます。

DSP(デマンドサイドプラットフォーム)は、
広告主(購入者)の広告効果最大化を支援するプラットフォームツールです。
膨大な広告枠在庫の中から、広告主にとって有益な広告表示機会を適切な価格で入札し、適正な価格で広告主に提供できるように、必要な広告表示機会だけを買い付けます。
フリークアウトのDSP「FreakOut」は、2010年より国内初のDSPとして、ブランド認知促進から販売促進まで、様々な目的に活用されています。