コンバージョンアップの秘策! 電話の最適化とは?

コンバージョンアップさせるには

コンバージョン率を高めて売上をアップする重要なポイント

WEBサイトから問い合わせや資料請求、商品の販売数や売上を増やすには、コンバージョン率(コンバージョンレート)をアップさせなければいけません。アクセス解析でも重要な指標の1つであるコンバージョン率アップの改善方法など重要なポイントについて解説します。

コンバージョン率向上のために必要なこと

Webマーケティングによる統計や施策のデータの分析は大切ですが、それと同様に目標を設定することも大切です。マーケティングとは目標設定から施策を検証し改善するプロセスこそ、コンバージョン率アップにも繋がるとされています。

そして、ディスプレイ広告や、リスティング広告の代表格となるGoogleやYahoo!で広告契約を結び使用することでコンバージョンを増やし、潜在的な顧客を取り込むことも可能となります。また、コンバージョン率を計測することで、広告費を費やした効果的な集客方法やWebマーケティング施策の費用対効果を明らかにすることも経費削減だけでなく、利益を獲得するには重要なポイントとなります。

コンバージョンを向上させ「カゴ落ち」防止

スマホの利用者も増え、消費者がオンラインで楽天やamazonなどで、簡単にショッピングする事が出来るようになり、アクセスや見込み客が増えているなかで、もう一点不安視されているのが「カゴ落ち」(カート放棄)です。カゴ落ちとは購入希望の商品などをカートに入れたが、途中で離脱・キャンセルしてしまうこと。このようなカゴ落ちしてしまう顧客によって、コンバージョンの低下に悩まされる企業も増えています。

かご落ちは、業界によってもサイトの状況によっても異なります。ランディングページの商品が申込率の高いエントリーフォームとして成り立っているのかや、ECサイトでは、カート内の未購入商品がどのような商品だったのか、カートに投入したのにも拘らず実際に購入せずにページ離脱している理由はどこにあるのかといった、プロセスを可視化させることが、「カゴ落ち」防止対策には必要な情報です。

EFOだけじゃない。最終コンバージョンポイントの改善にはコールトラッキングの導入が重要

「カゴ落ち」防止策としては、フォーム最適化(EFO)によるユーザービリティの改善が効果的とされています。利用者が商品購入を決断してから、購入完了画面までの工程を短くすることにより、コンバージョン率がアップします。また、利用者が電話での受発信した問い合わせの機会損失を軽減する仕組みを取り入れるには、電話効果測定サービス(コールトラッキングサービス)のコールキューイングなどを導入することで、「カゴ落ち」を防止することも可能になります。

最後に

コンバージョン率を上げるには、施策の有効性について継続的に効果検証をしていく必要があります。そして、PDCAサイクルを回すことで、効果のある改善策を見つけ、コンバージョンアップ施策を実施することにより利益に繋がると同時に顧客満足度も高まります。

Webサイトに掲載されているコールトラッカーの機能を、あなたの会社の利用シーンにあわせ開発・カスタマイズすることにより、コールトラッキングも洗練された方法でコールデータを管理・レポーティングも可能となります。ご相談・試用は無料となっておりますので、お問い合わせお待ちしております。