マーケターの以外な盲点 電話コンバージョン!

売上アップの秘策

電話反響の測定ではコンバージョン率を意識することが重要

Webサイトのコンバージョンを増やすことは、企業が利益を上げるための重要な施策です。電話反響やアクセス数が増えたとしても、コンバージョン率が上がらなければ、改善施策を行わなけばいけません。コンバージョンとは何か、そしてそれがいかに重要かを解説します。

コンバージョンとコンバージョン率を理解しましょう

コンバージョン(Conversion)とは、変換、転換、交換といった意味を持つ英単語ですが、インターネット上では、基本的にWebサイトにおける最終目標の達成成果を指します。また、コンバージョン率(Conversion Rate:コンバージョンレート)とは、例えばアパレル商品といった在庫を抱えるECサイトや企業サイトに、お客さんがアクセスした総閲覧者数に対する、商品紹介ページを確認し実際に購入し収益に結び付いた割合の事を指します。

企業はPDCAサイクルを回して最適化を考えますが、コンバージョン(eコマース)の状況を把握し、改善を図ることが重要な施策となるのです。Webサイトのアクセスや電話反響といったお問い合わせが、いくら増えても最終的に利益にならなければ意味がありません。コンバージョンは集客施策の効果を検証する上で、重要な指標になります。

電話コンバージョンの重要性

現在、固定電話や携帯電話だけでなく、スマホの普及に伴い以前にも増してWebメディアからの電話のコンバージョンが増加しています。これはBtoCサービスに限ったことではなくBtoBサービスにも同じことが言えます。インターネット検索後のコンバージョンの43%は、電話からの受注を受けるとも言われています。

電話のコンバージョンを正確に捕捉するにはコールトラッキングツールの導入が必要となります。コールトラッキングサービスを導入することで、電話でコンバージョンに至った架電日時・架電回数・発信者番号・通話時間・通話回数・ページ遷移などの情報を取得できます。また、それをリスティング・SEO検索・バナー広告など各マーケティング施策ごとに把握することができ、いつ行った施策がどう成果に貢献したか効果検証を行えます。さらに、テレビ・新聞・ラジオ・フリーペーパーなどオフライン広告での反響も可視化でき、今まで何となく投下していた広告予算の見直しが正確な数値から簡単に導きだせる様になります。

またコールトラッキングツールは電話計測ができるだけではありません。問合せをアップさせるような様々な機能を備えています。お問い合わせ時間が多い時間帯に溢れてしまった電話、営業時間外に対応ができなかった状況もカバーし、利益獲得のチャンスを増やしたり、SMS通知やメール通知により手厚い顧客フォローをすることで、顧客満足度を上げたりといったオプション機能も充実しており、契約率アップにも結びつけられる材料も増える事になります。

最後に

現在のIT社会におけるマーケティング戦略の一環として、コールトラッキングの導入を真剣に考える企業が増えてます。専用の電話番号を付与することで、これまで曖昧になっていたウェブからの電話の問合わせの情報、スマホ専用のonclickタグの設置、雑誌・チラシといったメディアにおける広告の持つ効果なども測ることができるようになりました。 そのため、電話での機会損失を防ぐことで、利益の最大化を図ってみてはいかがでしょう。

CallTracker(コールトラッカー)導入を検討されている、お客様のご相談・お問い合わせは無料ですので、お気軽にご連絡くださいませ。

その他のおすすめ記事