事前準備!3ステップでアドワーズ広告の「電話お問い合わせ」をコンバージョンとしてトラッキングする方法

03_S_08

Googleアドワーズの「コンバージョン トラッキング」と「アドワーズ専用転送電話番号」で、広告がどの程度電話問合せにつながっているか把握

Googleアドワーズ広告は、「ウェブサイトからの通話のコンバージョン トラッキング」を設定すると、アドワーズ広告をクリックして広告ページを訪問したユーザーが、そのサイトから行った通話をコンバージョンとして計測、解析できるようになります。
また、会社の電話番号の代わりに、アドワーズ 専用転送電話番号を設定してサイトに表示することで、通話に至ったキーワード、広告、広告グループ、キャンペーンなどを確認することができます。

現在、日本はアドワーズ専用転送電話番号未対応地域ですが、
対応開始と同時に利用を始められるよう、アドワーズ専用転送電話番号を使用したコール コンバージョンをトラッキングする方法について事前準備を整えておきましょう!

ステップ1:【5分で完了!】アドワーズ管理画面から「コンバージョントラッキングタグ」を取得する

まず、アドワーズ管理画面にログインします。
次に、画面上部メニュー右端の「運用ツール」をクリックします。ドロップダウンメニューが表示されるので、「コンバージョン トラッキング」をクリックします。

「+コンバージョン」という、赤いボタンをクリックします。

コンバージョン発生源として、「コール数」を選択、クリックします。

「コール数」をクリックすると、
「電話発信コンバージョン」というモーダルウィンドウが表示されます。

今回は「電話お問い合わせをコンバージョンとしてトラッキング」しますので、
「ウェブサイト上の電話番号経由の問い合わせ数」を選択し、「続行ボタン」をクリックします。

事前準備ポイント!登録内容を事前準備する

「ウェブサイト上の電話番号経由の問い合わせ数」を計測するための設定を行います。

以下の項目を予め確定しておくことで、登録がぐんとスムーズになります。
いざという時5分で作業完了させるために、ぜひ事前準備を整えておきましょう。

名前…任意のコンバージョン名を入力します。後でレポートに表示されるので、識別しやすい名前をつけるのがおすすめです。(例)「見学会の予約電話」や「PRバナー001問合せ電話」など
値…コンバージョン通話 1 回あたりの価値を入力することができます。以下の3つから選択して、設定する場合は1回あたりの金額を入力します。
電話番号のクリックにはどれも同じ価値がある
電話番号のクリックにはそれぞれ異なる価値がある
値を設定しない
通話時間…通話を「コンバージョンとしてカウントする」ために必要な最短通話時間を秒単位で入力します。最短1秒、最長9999秒まで設定可能です。
カウント…1 回の広告クリックが複数の通話につながった場合、毎回(すべて)コンバージョンとしてカウントするか、1 回のみカウントするかが選択できます。
「すべて」は購入/販売(カテゴリ)、「1 回」は販売促進(カテゴリ)に最適です。
計測期間…コンバージョンの計測期間(広告がクリックまたは表示された後、どのくらいの期間コンバージョンをトラッキングするか)を登録します。
検索ネットワークやディスプレイ ネットワークでの広告(クリックによるコンバージョン)と、ビュースルー広告(動画広告等のインプレッションによる、非クリックによるコンバージョン)を分けて設定することが可能です。
最短 1 週間、最長 90 日間選択できます。
カテゴリ…「販売促進」「申し込み」「購入/販売」「その他」から任意のカテゴリを選択します。レポートで同じようなコンバージョンのデータを比較できるようになります
[コンバージョン] に含める…コンバージョンに基づく自動入札戦略を使用している場合など、特定のコンバージョン アクションを入札戦略に含めたくないなら、チェックボックスを解除して、設定を無効にします。

【「値」と「通話時間」の設定に注意】

「値」の設定時、「電話番号のクリックにはそれぞれ異なる価値がある」を選択すると、
コンバージョン トラッキング タグに 「トランザクション固有の値」 が含まれるよう変更が必要になります。
慣れるまで「どれも同じ価値がある」もしくは「値を設定しない」で様子を見るのがおすすめです。

また、「通話時間」は実際にコンバージョンとしてトラッキングするための秒数を設定します。

例えば、5秒程度の通話では「コンバージョン」と言えないと判断するとしたら、5秒より長い秒数を設定する必要があります。

「保存して次へ」ボタンをクリックすると、埋め込み用コンバージョンタグが生成されます。

ステップ2:コンバージョンタグをサイトに追加する

ステップ1で生成された埋め込み用コンバージョンタグを、
計測したいページのの間にコピー&ペーストします。
HTML のサンプル ファイル

ここはページ本文部分です。

直前などがおすすめです。

ステップ3:アドワーズ専用転送電話番号を表示するための JavaScript スニペットを作成する

ステップ2のコンバージョン トラッキング タグを追加したページに、アドワーズ専用転送電話番号を表示させます。

通常の会社の電話番号を、アドワーズ専用転送電話番号に書き換える必要があるため、
_googWcmGet 関数を使用して電話番号をアドワーズ専用転送電話番号に置き換える JavaScript スニペットを追加します。この関数は、_googWcmGet(target, business_number, options) のようにパラメータ指定します。

本記事では、このコードを実装する方法を 1つだけ紹介します。

例 1: 静的な電話番号をアドワーズ専用転送電話番号で置き換える

以下の関数は、アドワーズ専用転送電話番号を取得して、クラス名「number」のすべての span タグの内容を置換します。
この例では、span タグに格納されている電話番号「1-800-123-4567」がフォーマットされた転送番号に置き換えられます。
1-800-123-4567