アドワーズ詳細分析のためのベストプラクティス

08

ウェブマーケティング・プログラムの改善のために、Googleアドワーズとアドワーズからのコンバージョン解析はマストの作業と言えるでしょう。
でも、Googleアドワーズを使っていて一番歯痒いところは、自動ではGoogleアナリティクスと連携してくれないところではないでしょうか?
アナリティクスとアドワーズのサービス連携を行っていないと、データ取り込みが不完全になり、解析データの一部が不明なデータを表す「(notset)」になってしまいます。
この「(notset)」では解析結果としてあまりにも不完全で、何とかしてという声が絶えません。

本記事では、データ解析を活用してマーケティング・プログラム改善のPDCAサイクルを知見・洞察していく前の、そもそものデータ集計を正す方法を紹介します。

Googleアナリティクスとの連携設定は、アドワーズ側から行う

Googleアナリティクスとの連携設定は、アドワーズ側から行います。
まず、管理権限を持ったアカウントで、Googleアドワーズにログインして、以下の操作を行います。

1:画面右上の「歯車メニュー」をクリックして、「リンクされたアカウント」を選択します。

2:「Googleアナリティクス」で「詳細を表示」をクリックします。

3:Googleアナリティクスのプロパティ一覧が表示されます。
アナリティクスのプロパティが表示されない場合は、そのアナリティクスプロパティへのアクセス権を持っていない可能性があります。そのプロパティの「編集」権限があるかどうかを、Googleアナリティクスの「アナリティクス設定」から確認してください。

4:アドワーズにリンクするプロパティの横の「リンクを設定」をクリックします。
アドワーズで宣伝しているビジネスのプロパティを選択します。
複数のプロパティをリンクすることも可能です。また、既にリンクされているプロパティは、「リンクを設定」ではなく「編集」と表示されます。

「リンク設定」をクリックすると、次に説明する画面のいずれかが表示されます。

選択したプロパティにビューが1つしかない場合
選択したプロパティにビューが1つしかない場合、そのビューの名前が表示されます。

「サイトに関する指標をインポート」を選択すると、アドワーズレポートでGoogleアナリティクスデータが表示されるようになります。
このデータをレポートに表示するには、アドワーズのレポートにGoogleアナリティクスの表示項目を追加する必要があります。注意してください。

プロパティに複数のビューがある場合

プロパティに複数のビューがある場合、そのプロパティのリンク可能なビューの一覧が表示されます。この場合、設定方法が2種類あります。

手法1:リンク
ビューをいくつでもリンクすることができます。ビューをリンクすると、クリックと費用に関するデータがアナリティクスと共有されます。ビューを設定することより、アナリティクスの目標と、トランザクションの解析データがアドワーズにインポートできるようになります。

手法2:サイトに関する指標をインポート(Googleヘルプのおすすめ)
サイトのエンゲージメントに関する指標をインポートするビューを、1つ選択します。

アドワーズアカウントが、プロパティにリンクされているアドワーズクライアントセンターアカウントでも使用されている場合、そのアドワーズクライアントセンターアカウントにリンクされているビューを表示する表示項目も表示されます。

5:すべての操作が完了したら、「保存」をクリックします。

アドワーズとアナリティクスの連携は、ウェブマーケティングのマストプラクティス

いかがだったでしょうか?
Googleアドワーズ・アナリティクスでは、より簡便に詳細な解析結果を提供するための仕様変更が行われています。
最新情報を掴み続けて、より詳細で、より簡便にマーケティング・プログラム改善につながる解析結果を得られる設定を行っていきましょう。