電話効果測定とは 1−1:コールトラッキング(電話効果測定)の概略


あなたは、コールトラッキング(電話効果測定)をご存知でしょうか?

コールトラッキングとは、コールセンターや店舗に電話の着信があった際、顧客の情報を表示したりシステムに取り込むことで、顧客対応力を向上させるシステムです。

・名前
・住所
・電話番号
・履歴情報(過去の通話内容、購入情報など)

例えば、コールセンターの場合には、これらの情報を電話対応者の使用している
コンピュータに表示させ、ユーザーが求めていることを引き出しやすくします。

例えば、対応履歴をデータベース化し、テレフォンショッピングのコールセンターで売れ筋商品を把握することが可能です。

ユーザーが求めている真意を理解しやすくなるため、電話応対品質の効率化を図ることが可能です。また、発注・在庫管理システムと連携させ、業務効率の向上を図ることも可能です。

電話コンバージョンに至る過程・傾向を知れる

コールセンター以外でも、例えばウェブサイトで、コールトラッキングは、電話コンバージョンに至る状況、もしくはその傾向を分析できます。

ユーザーは広告主のウェブサイトを訪れ、電話をする前にウェブサイト内を回遊するでしょう。

ユーザーがなぜ電話するに至ったのか、逆になぜ回遊せずに直帰してしまったのかなどを分析し、電話によるユーザーアクションに対してウェブサイトや商品の強み・弱みを把握することができます。

これまで分析・調査が難しかった電話によるユーザーアクションを捉えることで、より良い商品・サイトコンテンツ開発を提案可能になることが、コールトラッキング最大のメリットと言えます。

問い合わせフォームに不慣れなユーザーや、スマートフォンユーザーに

インターネットに不慣れなユーザーや、小さい画面のスマートフォンを使用しているユーザーは、問い合わせフォームの利用が少ない傾向にあります。

もし、ウェブサイトに電話番号が表記されていれば、上記のようなユーザーは問い合わせフォームよりも電話を利用する可能性が高いと言えます。

コールトラッキングを利用すれば、今までは潜在的で不明瞭だった電話問い合わせ顧客の過程・傾向の大半が分析可能になります。

コールトラッキングでは広告・商品ごとに電話番号を変えられる

コールトラッキングは非常に便利でマーケティングに役立つシステムです。

異なる電話番号を使用し、テレビや新聞、雑誌、インターネットなどの顧客流入経路を、媒体や広告ごとに区別する事が可能となります。

商品や、物件単位での測定も可能なため、どの広告、どの商品で一番反響があったか把握できる仕組みになっています。

そのため、電話反響における機会損失を削減でき、広告効果を最大限に活かすことができるのです。

1-2 現在における電話効果測定市場動向 に続く(該当記事へリンク) 》
業界大手からスタートアップまで幅広く活用しているコールトラッキングシステム、
「コールトラッカー」

コールトラッカーは、国内初のコールトラッキングサービスのパイオニアです。多種多様な業界での利用・実績があります。

例えば、効果が不透明だったネットと冊子それぞれの電話反響の独立した測定や、
QRコードの読込み課題を電話とSMSを使用して解決し、顧客数約30倍増を達成しています。

でも、実際に自社でも効果が上がるかどうかは
試してみないとわからないものですよね。
初期費用、月額費用無料の、コールトラッカートライアルサービス

「コールトラッカー」は、電話反響の需要を事前に検証し、導入の判断ができるトライアルサービスが用意されています。

以下の様な課題をお持ちの場合、コールトラッカーのトライアルサービスは
大変お勧めです。

電話反響を測定するほど電話が鳴っていない…
→1ヶ月間、何件の電話問合せがあるのか?現状を正しく把握することができるため、電話反響測定の必要性が判断できます。

どの広告からの電話反響か把握できていない…。
→これまで、電話対応者が、どの広告を見て電話してくれたのか聞かないと広告効果が把握できなかったことが、簡単に把握できます。

電話反響測定に興味はあるが、
コールトラッカーが本当に必要であるか確認するための事前検証プランと、
電話反響の必要性を感じているが、導入前に検証したい、
初期費用、月額費用が無料の企業様向けプランの2つが用意されています。

《 コールトラッカートライアルサービスについてもっと詳しく 》

 

電話効果測定とは 1−2:現在における電話効果測定市場動向 》

シリーズ一覧

[catlist tags=”電話効果測定とは” orderby=title order=asc numberposts=-1]