販売機会促進に期待。クラウドコマースソリューション「えびすマート」と接客プラットフォーム「KARTE」が連携開始

-shared-img-thumb-max16011550_TP_V

株式会社インターファクトリーが提供するクラウドコマースソリューション「えびすマート」と、株式会社プレイドが提供するウェブ接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」が、連携を開始しました。

来訪者ごとの情報を可視化するKARTEと
ECプラットフォームで実績があるえびすマート

リアルタイムウェブ接客ツールKARTEは、ウェブサイトの来訪者の特徴、行動をリアルタイム解析し、これまでそのまま利用者がサイトから去ってしまっていたタイミングなどに、適切な情報を適切な状態で、自動的に提案してくれるウェブ接客プラットフォームです。KARTEを利用することにより、来訪者情報の可視化や、ユーザー個々の来訪に合わせたメッセージ送信などが可能になります。

来訪者単位でデータ把握、来訪者個別の様々なサービス展開が可能

収集している来訪者の情報は、来訪者の閲覧ページ、訪問回数、遷移ページ数、購入商品、購入金額など、ウェブサイト上からの収集はもちろん、氏名、性別、誕生日、メンバーランク、ポイントなど会員データベースと照合したデータも来訪者単位で把握できるため、来訪者個別の様々なサービス展開が可能です。

販売機会損失前の適切なタイミングで、来訪者にアプローチを仕掛ける

一方、えびすマートは、ECプラットフォーム、ECサイト構築、オムニチャネル、セールス&マーケティングなど、300をこえるサイトにクラウドコマースソリューションを提供しています。

えびすマートとKARTEの連携によって、さまざまなサイトが、販売機会を損失する前かつ適切なタイミングで、来訪者にアプローチを仕掛けることが可能になるでしょう。