AMSが提供する柔軟性・発展性に富んだサービスを採用。mechakari(メチャカリ)での購買行動促進を目指す

-shared-img-thumb-BIS151026473494_TP_V

O2OソリューションNo.1カンパニーを謳う株式会社AMSが提供する

WMS(倉庫管理システム)や、ポイント一元管理を実現するシステム、バックオフィス機能が岡山で女性向け既製服の企画・製造・小売店展開を行う株式会社クロスカンパニーのレンタルファッションサービス「mechakari(メチャカリ)」に採用されました。

mechakariは、人気レディースブランドの新作ファッションアイテムを定額で借り放題という新品ファッションレンタルアプリ。

ユーザーは月額5,800円から何度でも好きなファッションアイテムをレンタルでき、気に入ったアイテムはそのままもらうことも可能なサービスとなっています。

AMSのバックオフィス機能で在庫を仮想化・自動化

AMSはmechakariのサービスに合わせて開始されるクロスカンパニーの自社ECサイト「CROSS COMPANY COLLECTION」でUSED商品販売のロジスティクス、バックオフィス、ECサイト連動、倉庫運用を手掛けます。

これは複数のサイトに対して、在庫を仮想的・自動的に割り振るECハブシステムで、このECハブシステムによってレンタル用の在庫を用意することなく運用が可能になりました。

このため、新品とレンタル品を同一品番で管理でき、より正確で効率的なレンタル品の出荷、返却、再販売を実現しています。

自社ECサイトのmechakariの会員情報をAMSが一元管理することによって、利用者は共通のIDでログインが可能になり、店舗・ECサイト・mechakariのポイントを共通化できるというメリットがあります。

また、顧客情報一元管理による情報管理の簡素化、情報漏えいのリスク低減、ポイント共通化による顧客購買行動の促進など企業側へのメリットも大きくなっています。