中国向け越境BtoBtoC ECプラットフォーム「Wonderfull Platform」約12億円を資金調達

04-S-03

中国向け越境ECプラットフォーム「Wonderfull Platform(ワンダフルプラットフォーム)」を運営するInagora株式会社(代表取締役:翁 永飆 、以下「インアゴーラ」)が
第三者割当増資により1,000万ドル(約12億円)の資金調達を行いました。

「Wonderfull Platform」は、日本の事業者と中国の消費者を直接結ぶB to B to Cの越境ECプラットフォームです。

資金調達の目的

今回の資金調達により、
日本では、サプライヤーとの関係強化、出店社数の拡大、物流拠点の増強を目的としています。

中国では、B to B to C越境ECプラットフォームの機能強化のため、
ソーシャル機能の強化、新規ユーザー数の拡大、コンテンツ発信機能を強化のための編集スタッフ増員などにより中国でのマーケティング強化を図ります。

日本企業の中国市場開拓に貢献

日本の事業者が、中国市場で販売事業を行うために必要な、翻訳、物流、決済、マーケティング、顧客対応などの全作業の代行を行っているため、日本の事業者は日本の倉庫に商品を発送するだけで、巨大な中国市場に進出することができます。

日本では、花畑牧場や源吉兆庵をはじめとする日本企業と中国独占販売で業務提携を行い、急成長しています。

Wonderfull Platformの特長

「言葉の壁」「物流問題」「決済問題」という3つの課題全てを解決できるワンストップB to B to Cプラットフォームです。

一気通貫したB to B to C越境ECプラットフォーム

日本だけでなく、中国の現地ネットワークも有するため、商品登録から中国人ユーザーへ商品を届けるまでの一連の作業を1つのプラットフォーム上で実現できます。

海外進出時に伴う全作業をワンストップでサポート

中国人の運営チームが、商品情報の翻訳、物流、決済やマーケティング業務等、中国進出時に伴う一連の作業を代行するため、日本の事業者は、日本語の管理画面で商品情報を登録し、日本の倉庫に納品するだけで、出店することができます。

記事や動画コンテンツによる “情報発信型” 越境ECサービス

記事や動画コンテンツは、雑誌編集者などで構成される編集部で制作。
ブランドイメージや商品情報、商品の使用方法などを、最新ライフスタイル情報とともに発信し、より効果的なマーケティングを目指しています。

訴求可能なユーザー数を拡大するため、他社との提携も積極的に行っています。
日本の事業者は、提携先ユーザーに対しても情報を発信できるようになるため、効率のよいマーケティングを行うことができ、自社ブランドと商品を効率的に販売することができます。

“情報発信型”アプリ

自社アプリである「豌豆公主(ワンドウ)」は、
中国の20~30代富裕層の女性をターゲットに、食品・日用品・ファッション・美容品等の良質な日本製商品を、最新のライフスタイル情報とともに提供する、”情報発信型”越境ECサービスです。
(2015年8月のリリース後4ヶ月でユーザー数80万)

「情報」とともに「モノ」を越境させる

「ショッピングに国境はない。」という考えのもと、良質な日本製商品をライフスタイル情報とともに提供し、“モノ”だけではなく、日本のライフスタイル“情報”を越境させ、
中国人ユーザーに日本製商品を提供できる、中国向けB to B to C越境ECプラットフォームを構築しています。

良質な日本製商品を提供し続けることで、日中間No.1のB to B to C越境ECプラットフォームとなることを目指しています。