GMOアドマーケティング、Google「DoubleClick Bid Manager」と連携

-shared-img-thumb-NKJ56_syanainoturikawa_TP_V

DSP接続数の拡大でメディアの収益を最大化

GMOアドマーケティング株式会社(代表取締役社長:渡部謙太郎 以下、GMOアドマーケティング)は、自社が提供している媒体社向けの収益最大化プラットフォームGMO SSPと、GoogleのDSP(*1)DoubleClick Bid Managerとの連携を開始しました。

GMOアドマーケティングは、GMOインターネットグループで、アドテクノロジー事業、 メディアセールス事業を展開しています。複数のアドネットワーク・SSPなどの自社アドテクノロジー商品を保有しており、GMOインターネットグループの技術力とメディアセールス事業の販売網を活かし、媒体社と広告主の収益最大化を目指しています。

今回の連携について

GMOアドマーケティングでは、GMO SSPを利用中の媒体社(スマホ向けWebサイト・アプリ運営者)の広告収益の最大化支援のため、国内外のDSP・アドネットワーク(*2)との連携を積極的に進めています。
これまでの連携先に加え、新たにDoubleClick Bid Managerと連携することで、より多くの広告オークションが行われ、サービス利用中の媒体社の収益向上が期待できます。

DoubleClick Bid Managerの特長

Google の提供するDSP(Demand-SidePlatform)を利用すると、
ユーザー属性、インタレスト、購入意向に応じて、既存の顧客や新規の顧客を探し、自社データ、第三者データ、または Google 独自のデータをコンテンツ ターゲティングと組み合わせることで、タイミングを逃さず適切なユーザーへのアプローチが可能となります。

また保証型のプログラマティック取引や、直接取引、オープン エクスチェンジなど、さまざまなオプションからその購入方法を選択でき、購入とターゲティングのワークフローが一元化されるので、さまざまなフォーマットを対象としたキャンペーン管理が簡素化されます。

GMO SSPの特長

提携する複数のDSP、アドネットワークを組み合わせ、独自の仕組みで最適化配信を行う収益最大化プラットフォームです。ネイティブ形式、バナー形式など各種の広告フォーマットに対応しており、eCPM値が最も高い広告を配信することで、インプレッション毎の収益最大化を可能にします。

また、自社開発のコンテンツレコメンドエンジンTAXEL byGMOおよびネイティブ広告に特化したアドネットワークAkaNe byGMOと連携することで、媒体社のトラフィック増加とネイティブ広告領域での収益最大化も同時に実現することが可能です。

(*1)DSP
デマンドサイドプラットフォーム(Demand Side Platform)の略称で、
広告のインプレッション(露出)が発生するたびにオーディエンスデータや広告の掲載面などの情報を分析し、より効果の高い広告枠の仕入れ、配信までを効率的に行う、広告主向け統合プラットフォームです。

(*2) アドネットワーク
複数の広告媒体(Webサイトやソーシャルメディア、ブログ等)を集めて
広告配信ネットワークを作り、1事業者のアドサーバーから複数メディアへまとめて広告を配信するサービスです。