Googleアドワーズ「電話専用広告」を試してみた

04-S-06_08

テキスト広告の新手法。テキスト広告のキャッチコピーからすぐ電話

検索ページ先頭に表示されるアドワーズ検索ネットワーク(テキスト)広告。
電話専用広告を設定すると、ランディングページやウェブサイトへの誘導以外に、架電を促す電話発信ボタンが表示されます。

お腹が空きすぎて動けない。ピザでもなんでもいいからとにかく宅配してほしい。
「お電話から10分で出来立てのお弁当を500円でお届けします。ご注文はこちら」
切実な思いで検索して現れた最初の1行目のそんなキャッチコピーの横に、「電話をかける」と書かれたボタンがあったら…

Googleアドワーズ電話専用広告は、まさにそんな広告です。
これまでのテキスト広告より、さらに即効性の強い広告方法と言えるのでは無いでしょうか?編集部で、実際に試してみました。

電話専用広告の作り方ー従来のアドワーズ広告とほぼ同様

まず、Googleアドワーズにログインします。
「キャンペーン」タグをクリックして、画面中央の「+キャンペーン」ボタンをクリック、「検索ネットワーク」を選択し、クリックします。

「〇〇キャンペーン-電話専用」など、任意のキャンペーン名を設定し、「タイプ」を「検索ネットワーク」とし、「電話専用」を選択します。

ターゲット地域の詳細設定や配信方法は、他のキャンペーンと同様にしたり、任意の詳細条件を設定してください。
設定が完了したら、「保存して次へ」をクリックします。

電話専用広告の作り方ー広告グループを設定

実際に表示される広告を作成します。

「会社名」は電話番号が表示されている青い字の部分に表示されます。最も強いコピーを入力するのが効果的です。

「電話番号」は表示される番号とボタンクリックで架電される番号、共通の番号を入力します。

広告文、表示URL。は今までの検索ネットワーク広告と同様に入力します。

確認用URLは省略可能ですが、Googleが電話番号審査のために使用するURLで、表示URLと電話番号が含まれるアドレスの入力を要求されます。
表示URLに電話番号が記載されていない際等に活用が見込まれます。

広告に表示する番号は「自分の電話番号」

アドワーズ専用転送電話番号の選択が可能ですが、
現在日本未対応サービスのため、専用電話番号を選択していると広告グループの保存ができません。
「自分の電話番号」で保存してください。

最後に、広告掲載を希望するキーワードを選択します。
後から修正可能ですので、一時的にざっくりとした選択で済ませてしまっても良いでしょう。