【TAGCAST】O2O・オムニチャネル時代の行動分析システム「TMA2.0」、屋内位置情報サービスTAGCASTで提供を開始

03_S_03

屋内位置情報サービスの株式会社タグキャスト(代表取締役:鳥居暁、以下「TAGCAST」)は、O2O・オムニチャネル時代の行動分析システム「TMA2.0」の提供を開始しました。

ビッグデータでアプリ利用者の行動を分析、O2O・オムニチャネルに活用

「TMA(Target Movement Analysis)」は、行動分析システムです。
ビーコンとスマートフォンから得られたビッグデータをもとに、
アプリ利用者の行動を分析します。

TMA2.0では、「マップ分析」と「インドア分析」の機能が追加されました。
これにより、「施設間」「施設内」の行動の可視化が可能となります。

「施設間」「施設内」の行動を可視化

「マップ分析」は、アプリ利用者の「施設間」の行動を世界地図上に可視化します。
たとえば、スマホ広告を見て来店するとクーポンがもらえるO2Oキャンペーン企画における、アプリ利用者の各店舗間の移動や滞在時間を分析できます。

「インドア分析」は、施設図で、アプリ利用者の「施設内」の行動を可視化します。
ビーコンを設置した施設内の、アプリ利用者のいる場所や滞在時間などを分析できます。

正確なチェックイン(来店認証)機能を提供

O2O・オムニチャネル時代の顧客の動向把握には、アプリのチェックイン(来店認証)は不可欠な機能です。
従来のGPSを利用した来店認証は、屋外で利用するため正確ではありませんでした。
ビーコンを活用した屋内位置情報サービスTAGCAST は、GPSを受信できない場所でも位置を特定し、正確なチェックイン機能を実現できるサービスです。

常連を価値化し、効果的なCRMを実現

チェックイン機能により、施設は来店者の「来店認証」が可能になります。
来店認証により、施設内で適切なタイミングでクーポンを配布したり、クチコミと来店回数を紐づけたりすることで、O2Oやオムニチャネル時代に対応した効果的なCRMが実現できます。

また、来店認証により、常連を区別し、常連には来店回数によりクーポンをグレードアップするなどのサービスを提供できます。

見えなかった情報が見えてくる

ビーコンを利用した正確な位置情報の提供と、TMAの高度なビッグデータ分析により、急拡大しているO2Oやオムニチャネル市場において、より効果的なマーケティングを実現できます。
たとえば、顧客の行動履歴データを分析して、売上アップのためのO2Oルート(アプリ利用者の行動経路)リピーター顧客の動向など、今まで見えなかった情報をO2Oやオムニチャネル化に活用できるようになります。