ウェブマーケティング・アナリティクス(効果測定)成功への3ステップ

05

ウェブサイトを運営する上で最も重要な作業、効果測定(アナリティクス)から最大の効果を引き出せていますか?
効果測定の結果から最大の効果を引き出すためには、次の3つのステップが重要です。

測定から得られた結果から知見・洞察を仮定し、仮定に基づいた施策を実施します
自社の測定・分析精度を把握し、求められる精度と現状のギャップ解消に努めます
コールトラッキング、ウェブアナリティクス等、様々な分析手法を最適な状態で組み合わせて実施します

測定から得られた結果から知見・洞察を仮定し、仮定に基づいた施策を実施します

効果測定(アナリティクス)から得られる結果から仮定した知見や洞察は、それに基づいて施策を実施しない限り発揮されません。
まず、効果測定(アナリティクス)で得られた「顧客に関する知見や洞察」に基づいて、キャンペーンを設計します。キャンペーンに対して以下のようなPDCAサイクルを継続的にまわしていくことにより、マーケティング・プログラム全体のパフォーマンスを向上させ、よりよい成果を生み出していきます。

適切な顧客対応が実施できていないチャネルを特定します。
必要に応じてキャンペーンの目的と手段を調整します。
プロセスを最適化します。

効果測定(アナリティクス)は、マーケティングの全プロセスで総合的に活用することで、より効果的で、より成功につながるマーケティングが実現できます。
例えば、効果測定(アナリティクス)を活用すると、見込み客を効率よく獲得・管理できるようになります。見込み客の獲得・管理は収益増と収益性の向上につながります。
見込み客を管理して売上に結びつけることができた場合、どの知見・洞察が収益に貢献しているか分析します。そして、その結果をまた次の活動に反映していきます。

こうしたPDCAサイクルに沿って行う分析は「クローズド・ループ・マーケーティング分析」等と呼ばれます。

自社の測定・分析精度を把握し、求められる精度と現状のギャップ解消に努めます

電話効果、問い合わせフォーム効果、広告効果測定等、様々な分析ツールが提供されていますが、どこから始めてよいか分からない場合も難しくはありません。まず、最も大きなニーズが存在するところから開始し、新しいニーズが発生するたびに、そのギャップを埋めていけば、もっとも売り上げにつながる測定・分析が可能になっていきます。

コールトラッキング、ウェブアナリティクス等、様々な分析手法を最適な状態で組み合わせて実施します

効果測定(アナリティクス)から最大の結果を引き出すためには、複数の分析手法をバランスよく組み合わせることが必要です。

過去の分析
効果測定(アナリティクス)を活用した過去のキャンペーン分析によって、前四半期で最も多くの収益を生んだキャンペーン要素や、EmailキャンペーンAの成果をダイレクトメール・キャンペーンBと比較、ブログ記事Cのリード生成数、ソーシャルメディア・キャンペーンDからの電話問い合わせ数、といった疑問に即座に対応できるようになります。

現在の分析
効果測定(アナリティクス)で、実施中のマーケティング活動のパフォーマンスを把握します。最も収益性の高い顧客が好むチャネルの特定、ソーシャルメディアで自社ブランドについて誰がどんな発言をしているか、現時点で顧客はどれ程度の関心を寄せてくれているか、といった疑問に答えることができます。

予測分析と、知見・洞察・意思決定支援
過去と現在のデータに基づいた予測分析も行えると大変望ましいと言えます。
例えば、顧客の行動予測、キャンペーン成果のシミュレーション結果等から、より良い成果を目指した意思決定に活用します。

顧客との継続的な関係構築方法や、業績の低い地域に営業担当者を10人追加すた場合の収益変化、次に展開するべき地域決定の裏付け、といった疑問に対して回答することができます。