今更聞けない?Google・Yahoo検索広告基礎のキソ

-shared-img-thumb-OOK160217200I9A8991_TP_V

人事異動でマーケティング担当に任命され、早速「リスティング広告」をやるよう上司から指示されてしまいました。でも、そもそも「リスティング広告」って…?
今更聞けない「リスティング広告」の基礎知識をまとめてみました。

リスティング広告=GoogleやYahoo!に掲載される広告

リスティング広告とは、検索エンジン(GoogleやYahoo!等)でユーザーが任意のキーワードでインターネット検索した時、その検索結果に連動して表示される広告のことです。

キーワード単位で出稿できる=「今すぐ購入したい」顧客獲得に効果的

リスティング広告は、ユーザーが検索したキーワードに連動して表示されるため、「検索連動型広告」とも呼ばれています。
キーワード検索するユーザーは、キーワードに関する情報を欲しています。
また、今すぐ購入を検討しているユーザーが1%いるとした場合、リスティング広告は、その1%のユーザーを獲得するための最も有効な手段と言えます。

リスティング広告は、検索キーワードに含まれるユーザーの興味・関心にターゲティングして、キーワード単位で広告を作ります。「そのキーワードで検索するユーザーのニーズは何か?」を考察してリスティング広告を作り、顧客獲得に繋げていきます。

リスティング広告でコントロールできること

任意の予算で、低価格から始められる
表示順位はある程度コントロールできる
入札価格を自由に設定できる
広告のリンク先を自由に設定できる
表示・非表示を自由に設定できる
広告表示されるまで、時間があまりかからない

リスティング広告の料金システムについて

・クリック課金制
リスティング広告は、「PPC(Pay Per Click)広告」とも呼ばれています。これは、表示された回数ではなく、「クリックされた回数分だけ料金が発生する」という意味です。また、広告の料金は、広告主自身が自由に設定した入札価格と、広告の品質をもとに決定され、実際の広告料金は、(クリック料金)×(クリック回数)で課金されます。

・広告料金の設定は入札形式
広告料金の設定は、入札形式で行われます。
広告を表示させるためには、最低入札価格(1円から設定可能。キーワードや広告の品質、入札者数等によって変動します。)以上での入札が必要になります。一般的に、検索数の多いキーワードほど最低入札価格も高くなる傾向があるようです。

・広告掲載順位は「入札価格」×「広告品質」で決定
1つのキーワードに複数の入札があった場合、「入札価格」×「広告の品質(クリック率等)」によって導き出される「広告ランク」というものにより、広告の掲載順位が決まります。
掲載順位が高いものから順に、上位表示されます。

リスティング広告の運用を専門に行う企業がある

リスティング広告の出稿・運用を、専門に行っている企業があります。
予算が10万円以上ある場合、自社工数を使用せず専門家に管理してもらえるため、プロの代理店へ運用を任せることは有効な手段と言えるでしょう。