その予算配分で大丈夫? オフライン広告の効果測定で広告予算の最適化を

オフライン広告の効果測定

現在、日本人は1人1台の割合でスマホを所有していると言われます。インターネットが普及し、誰にとってもなくてはならない身近なアイテムとなりました。そのため、オンライン広告の割合が増えてきて、オフライン広告はより費用対効果を考えなければならなくなっています。こんな時こそ、オフライン広告の効果測定をし、電話からのコンバージョン率をより意識することで効果的なプロモーションを行うことが重要になってきます。

オフライン広告とオンライン広告の効果

現在、リスティング広告、バナー広告、メール広告、動画広告、アフィリエイト広告、記事広告などインターネットを使った広告が主流となりつつあります。

そのため、オフライン広告への費用削減が企業にとっては重要なポイントとなっています。しかし、FAXDMやチラシなどのポスティング、DM(ダイレクトメール)やオフラインの媒体を活用した集客も無くてはならないプロモーションの1つであることに変わりありません。そういったオフラインでの広告は、今でも十分に有効な方法であるからです。また、TVCMや雑誌、新聞などに加えて、OOHメディアの広告効果が今でも絶大な影響力を維持しているのも事実です。スマホやインターネットをあまり利用しない高齢の方などに対して、オフライン広告の重要性は今まで以上に重要な地位を占めています。

このように、ターゲットによってオフライン広告とオンライン広告を複数の種類で使い分ける必要性があり、その見極めをすることが企業のマーケティング戦略にとって重要で、目指す費用対効果を得るための大切ポイントとなります。

本当に紙媒体はネット広告より劣っているのか

総務省の「情報通信白書」(平成27年版)によると、企業のオフライン広告への出稿は年々減少の傾向にあり、2009年には新聞広告がオンライン広告を下回るという結果が出ています。

しかし、2018年にはオンライン広告の市場規模は約1.5 兆円を超えていますが、オフライン広告の市場規模は約5兆円とも言われています。

そのため、TVCMや雑誌、新聞などの広告媒体の費用対効果が、決定的にネット市場に劣っていると考える事まではできません。

なぜなら、高齢化社会が今後より進む事を考えれば、電話番号を確認して問い合わせを行う方が、顧客にとって安心であり、需要もあるからです。特に、冠婚葬祭や司法系、医療といった相談が前提の業界ではメールよりも、電話の方が効率も良く、信頼感もあります。また、電話の方が顧客満足度にも良い影響を及ぼし、コンバージョンにも繋がりやすいのです。

そのため、オフライン広告をもっと効果的に使用するためには、オフライン広告の効果測定が重要なポイントとなります。しっかりと効果測定を行った上で、そのデータを元にして、ターゲットを絞り込むマーケティングが必要です。

広告は目に留まる事が重要!

インターネットを使った集客は無料でできるものが多いですが、マーケティングやSEOといった特質なスキルがなければ、有効的な効果を生み出すことはありません。ネット広告は詳細に見込み客を絞り込み、広告を配信することができ、配信した瞬間から広告を届けることが可能です。

さらに、デザインや仕様の変更が即座にできることもネット広告の利点です。また、集客の反響がない場合には、すぐに広告やキャンペーンを差し替えることも容易なため、費用も安価に抑える事が出来ます。

しかし、忘れてはいけないのはインターネットを使う広告は、日本中・世界中が競合他社になるということです。

オフライン広告の効力は手にした人に直接メッセージを伝え、見込み客とすることができることです。結果的に、アクセスが低いサイトでのネット広告よりも格段に効果的と言えます。ただし、しっかりと効果測定を行い、分析改善をしないと、オフライン広告は費用対効果が悪くなる可能性があります。

オフライン広告の効果測定を価値あるものに

なんでもかんでもオフライン広告に費用を充てる時代は終わりました。

現在では、オンラインのコンバージョンを計るためのGoogleアナリティクスなどを採用する企業が増えています。それにより、WEBでの費用対効果を可視化することができて、WEBでのマーケティング戦略が立てやすくなっています。

一方、オフライン広告の測定は、進んでいるとは言い難いです。TVや新聞での取材を受け、掲載・配信後に特定のWEBページの閲覧者が増えたり、キーワード検索により、訪問者数の割合が増加したりすることがあります。これらの数値解析をしっかりと行えば、数値の変化を把握することができて、良い広告施策であったかを判断する材料となります。

オフライン広告への関心が増えている今だからこそ、コールトラッカーのクラウドCTIソリューションを取り入れ、WEBだけでなく電話やDM・SMSからのコンバージョンをしっかりと計測し、広告効果を可視化することにより、広告効果を最大限に活用することができるようになるのです。

最後に

専門的な相談だから電話で問い合わせたいというお客さまや早く情報を聞きたい企業の担当者さま、Eメールを書いている暇がない忙しい方などから直接電話での問い合わせがたくさんあります。人と商品をつなぐためには、電話でのサポートは非常に重要な役割を担います。電話での応対が良ければブランドのイメージ向上にも繋がり、コンバージョン率アップにもなります。

オンラインであろうと、オフラインのマーケティングであろうと、両者は切り離して行うものではなく、同時に効果を高めることが重要です。そして、広告媒体の質だけでなく、サポート体制までしっかりすることで、さらなる費用対効果を発揮させることも認識しておく必要があるでしょう。

計画的にWEBと電話の効果測定を実施し、サポートを充実させることが、これからの企業の在り方として大切だと考えます。

その他のおすすめ記事