コンテンツマーケティングを成功させる秘訣

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、コンテンツを配信し、その結果として自分のサイトから顧客を集客するというものです。
コンテンツマーケティングは非常に重要な施策として知られていますが、まだまだ認知度が高くありません。 いってみれば、記事を配信して、読んでくれた人にファンになってもらい、自社の商品やサービスを購入してもらう形となります。コンテンツマーケティンはなぜこんなにも全盛なのでしょうか。

ひとつに、Amazonや楽天市場のマージンが高すぎるというのが挙げられます。Amazonも楽天市場も、集客力は抜群です。日本中の人たちが、商品を検索しにAmazonと楽天市場を訪れます。そこに店を出せば、競合は多いものの、一定の売上は見込めます。

しかし、中間マージンといいますか、出店手数料や売上からの手数料が異常に大きく、出店者すなわちオーナーが非常に苦しんでいるのはあまり知られていません。さらには、競合も多いので、上位表示されるのも大変で、Amazon内SEO、楽天市場内SEOは、商品や販売額ではなく、広告費にいくら支払ったかで露出が決定することとなります。

つまり、売上から経費を引いたものが、お店の利益になりますが、Amazonや楽天ではそれ以外に、出店にまつわるコストがいろいろかかってしまい、膨大な経費がかかることになるのです。これでは、なかなか商売がうまく展開できません。ただし、Amazonや楽天市場に頼っているからしょうがないのです。

そうはいっても、Amazonや楽天市場で莫大な広告費を払ってビジネスを運営していくのは、利益がとても出づらいものです。よって、自力で集客する必要が生じます。インターネットには無限のお客様がいますから、そうした人たちを自力で集めて、さらにはファンになってもらい、Amazonや楽天市場で比較買いされるよりも、「高く」「何度も」買ってもらうことを主軸としているのです。それがコンテンツマーケティングの本当の目的です。

クラウドソーシングだったら安く記事が買える?

このコンテンツマーケティング。Googleのご機嫌を伺いながら、自力でインターネットから集客していくというものですが、コンテンツを配信して人を集めるにあたって、記事が必要です。記事なら誰でも書けるだろう、文字を打つことぐらいはそんなに大した手間ではないとか、クラウドソーシングなら安くあげられるだろうと考えないほうが無難です。

いまWebライターとして暮らしている人は大勢いますから、みなさん時給とか工数を考えられます。1文字0.5円や0.8円といった、労力の割に低い報酬の場合は、できるかぎり効率よく仕事を仕上げようという思考が働くので、どうしても粗悪品におちいりがちです。

テキパキと仕事を仕上げるという意識が動きます。そして、Webライターの業界は、スキルで単価が決まるところがあります。もちろん、1文字0.5円や0.8円でも一生懸命やってくれる人はいるかもしれませんが、基本的にスキルの高い方は単価を上げたがるものなので、ちゃんとした記事を書けるライターを選ぶことが大切です。

専門性のある人を選ぼう

たとえば、あなたがブルーベリー畑を営んでいて、ブルーベリーについて情報発信したいと考えたとしましょう。なかなかブルーベリー専門のWebライターというのはいないものです。しかし、すこしターゲットを広げてみて、元農家や現役農家で副業しているライターを探すとか、すると良いのではないでしょうか。

ランサーズやクラウドワークスといった、お仕事マッチングサイトには、たくさんのワーカーが登録していますので、ご自身の希望するワーカーが見つかるはずです。ただし、前述のとおり、あまりケチるのはよくなく、専門性があって、ライティング技術も高く、さまざまなスキルを併せ持ったワーカーを選ぶのが理想的です。

コンテンツマーケティングのコツ

コンテンツを配信し、Googleに「このサイトは、特定のジャンルに非常に詳しい」ということをアピールしましょう。そして、その結果として、サイトが上位表示されます。そうすれば、関連したキーワードで検索したユーザーが、サイトを読んでくれて、ファンになってくれ、依頼をしてくれるという流れです。

コンテンツマーケティングのコツとして、外注もいいですが、理想としては自分で書くことです。自分の仕事は自分が一番詳しく、熱量も情熱も自分が一番持っていますので、自分が書くのがもっとも熱く書けるのでおすすめです。

コピーをしない

記事を書くときに、何かを参照して書くことは良し悪しです。一次情報といいますか、たとえばブルーベリーについてのコンテンツであれば、参照元として農林水産省などの公的機関のデータをみることは非常に有意義です。

しかし、一般のブログやサイトをみて、真似して書くと、低品質なサイトとしてGoogleに判断されて上位に上がらないことがあります。よって、完全オリジナルを目指しましょう。

その他のおすすめ記事