効果の出るチラシの作るには?正しい効果測定の方法をご紹介

チラシ効果測定

チラシは、最も歴史が長く、誰にでも親しみのある広告媒体です。印刷された紙の情報を広く配布する(まき散らす)ことから「チラシ」と言われる様になりました。自作して配布も自分たちでやれば無料でできますし、外注しても比較的安価に実施できる手軽さが一番の売りです。ユーザーにとってもデバイスや複雑な操作を必要とせず、すぐその場で見られるので、老若男女問わず広く訴求できる広告媒体と言えます。

しかし、手軽に始められる広告手段であるからこそ、改善せず場当たり的なやり方に終始していませんか?
「もっと反響が大きいインパクトのあるチラシを作成する」、「効果のあるエリアだけに絞って配信する」、「効果のある時間帯、曜日だけ実施する」という様に、効率よくチラシ配布ができるのにそれを怠ることで無駄な費用を使っている企業が多くいます。今回は、さらに効果的にチラシを活用するための効果測定方法について解説していきたいと思います。

チラシの効果測定は非常に重要!

チラシをただ作って、ただ配っているようではせっかくの広告の効果をしっかりと享受できません。チラシを配って売り上げが少し伸びたとか、あまり効果がなかったとか感覚で感じているだけでは非常にもったいないです。せっかくチラシという広告媒体を使うのですから、どれくらい反響があり、どれくらい売り上げへの影響があったのかなどの効果測定をすることで、次の広告戦略に生かしていくことができるようになります。

チラシにおける効果測定とは?

チラシによる効果測定として、まずはチラシを見て反応してくれた顧客の数を把握することが重要です。チラシを持って来店、来社してくれた顧客数、チラシを見た後の電話やFAX、メールでの問い合わせの数、チラシにつけた割引券やクーポン券を使用した人数などの数字を把握することは基本中の基本と言えます。まずはデータを収集し傾向を掴むことから、始める必要があります。

チラシの効果測定のチェックポイント

チラシの効果測定のチェックポイントとして、チラシのデザイン、配布エリア、タイミング、提案内容の種類、配布方法が上げられます。デザインはチラシの効果を大きく左右します。写真の配置や撮り方、文字の大きさや色、フォント、紙質も影響してきます。配布エリアならば、家族連れの多い地域、単身者が多い地域など、それぞれの地域の特性を意識する必要があるでしょう。配布タイミングは時期や季節、曜日などを考えることが大切です。提案内容は、安売り情報や特別サービス、クーポン割引など、いろいろなバリエーションがありえます。配布方法についても、大手新聞、地方紙、ポスティング、街角配布のそれぞれにメリットデメリットがあります。

こうしたチラシの効果をそれぞれ考慮して、施策を打っていくことがチラシの効果を最大限に引き出すことにつながると言えます。そのためには、チラシの効果測定をしっかりと正格に把握することが大切なのです。

オフラインの広告でも電話での問い合わせが多数!

オフラインの広告には、昔からさまざまな媒体、手段がありました。現在はインターネットを使った広告が右肩上がりで伸び続け、広告の効果としてもどんどんその影響力を広げています。しかし、オンラインであろうと、オフラインであろうと広告に対する反応の大部分が電話によるものだということをご存知でしょうか。広告の種類が増えてきたとしても、電話による問い合わせや注文をする人がいまだにかなりの割合を占めているのです。そのため、電話反響を測定し、分析するツールが今求められているのです。

チラシに対する電話での反応をしっかりと効果測定する!

チラシは、いうまでもなくオフラインでの広告となります。昨今は、電子チラシなどもありますが、基本的にはアナログな広告です。しかし、チラシがアナログだからこそ、昔から誰にでも広告効果を期待できるとされてきました。パソコンやスマホを使わない世代にもその効果を期待できますし、いろいろな手段でチラシを消費者の手元に届けることができます。

新聞への折り込みや街中など様々な場所での掲示や配布などが可能ですし、クーポン等の特典をつけることもできます。オンラインとは違って、消費者が捨てるまで目につく場所に置かれていることもありますし、オフラインならではの有利な点がまだまだたくさんあります。

そして、アナログな広告であるチラシは、電話での問い合わせなどにつながることが非常に高いのも事実です。だからこそ、チラシを見て電話をかけてくる顧客に対して、その電話の効果測定をしっかりと行うことが売り上げに直結する施策となります。

コールトラッキングはチラシの効果測定に有効!

電話の効果測定にはコールトラッキングツールを活用しましょう。コールトラッキングツールを使うことで、いつ、だれが、どこに、何分電話したかがわかります。チラシなどのオフライン広告でも、コールトラッキングツールを活用することで効果測定結果をきっちりとデータとして自動収集でき、マーケティング戦略に活かすことができるのです。そして、効率的な広告を出すことで、広告の効果を最大限にすることができ、さらに無駄な広告費を削ることができるでしょう。

相談は無料ですので、この機会にぜひご検討ください。

その他のおすすめ記事