コールトラッキングのメリットとは? クロスメディア・マーケティング測定が容易に!?

コールトラッキング比較

電話のコンバージョンは、会社の収益に関わる重要な問題です。そのため、非常に多くの企業がコールトラッキングを導入し、効果測定及びその最適化を行っています。

今回は、Web広告などのオンライン広告とテレビ、ラジオ、フリーペーパーなどオフライン広告の両方の効果測定に使えるコールトラッキングを使用することで得られるメリットについてお伝えします。

複雑化・高度化するマーケティング施策の取捨選択を容易に

広告に対してどれだけ問い合わせが増えたか、を測定するにはGoogleアナリティクスやYahoo!アクセス解析などの効果測定ツールが有効です。実際に、それらを導入して効果測定を行っている企業は多く存在します。しかし、その解析結果を有効に使えている企業がどれだけあるかといったら、実はほんの数%の企業だけだと言われています。

プロモーションの施策が多岐にわたっており、オンラインとオフラインの施策を組み合わせたクロスメディアのマーケティングが求められている現状では、効果測定により得られたデータの有効活用が非常に難しい状況です。

昔は、プロモーション予算といえばテレビやラジオ、新聞といったオフラインのマス広告が主流でしたので、今よりもかなり分かりやすく、施策への反映が容易に行えました。しかし、今やプロモーションもデジタルの時代に突入しています。SEO、SEMなどオンラインマーケティングへの投資が活発となり、クロスメディアによる相乗効果を狙ったマーケティング戦略がどんな業種においても必要になっています。テレビやラジオで認知度を上げて、Webで検索させ、Webサイトのフォームや電話番号から申し込みをさせるといった手法が定番となっています

そのため、どのプロモーション施策がどのようにコンバージョンに貢献したのか効果が見えづらくなっていることが課題です。

広告などの費用だけが膨大に膨れ上がり、効果が見えづらい分、予算を削減する施策を見誤り、結果として機会損失を招き、売り上げが伸び悩んだり減少したりしてしまいます。コールトラッキングを利用すれば、オンライン、オフライン関係なく施策の効果を可視化でき、効果的な予算配分のための指標とすることができます。

しかも、広告の直接効果だけではなく間接効果についても、Push判定等の特定の技術を利用することで測定することができるのです。

電話の取りこぼしをなくすオプション

お客様からの問い合わせの大半が電話である企業に関しては、メールの問い合わせの約10倍のコールがあると言われています。電話が鳴る時間帯は集中しがちで、どうしても全ての電話に対応するのが難しくなってしまいます。

また、電話に出られなかった場合の顧客の心象も心配です。なぜなら、何度かけても電話が繋がらなければ、問い合わせる気もなくしてしまい、せっかくのお客様を逃がしてしまいます。なかでも、税理士・弁護士など電話相談が多く、そして通話時間の長い業界にとっては大きな課題とされています。

コールトラッキングを利用すれば、取りこぼしの発生した電話をメール通知し、フォローコールを可能にする機能やクライアント側にSMSを送付して混んでいない時間帯を案内してスムーズな電話対応ができる機能が用意されています。

電話が発生した件数だけでなく、とりこぼした電話の件数まで正確にカウントし、しっかりとフォローできるのがコールトラッキングを利用する大きなメリットになります。

コールトラッキングは経路の可視化ができる

架電問い合わせの経路を判定することを可能にするのが、「コールトラッキング」(電話効果測定)です。

例えば、元々03から始まる電話番号を取得しているならば、コールトラッキング事業者と契約することで、050や0120などといった電話番号を発番して貰えます。新しく発番した電話番号にかけても、元の03という電話番号に自動転送されますので、受電の方法は従来と変わりません。

新しく発番した電話番号宛の架電件数を可視化することにより、効果的な広告などの選別が可能となるのです。

コールトラッキングサービスが発行する測定用電話番号に入電があれば、システムを通じて予め指定されている電話番号に転送を行えます。広告毎に掲載する測定用の電話番号を変える事で、どの広告からどれだけ入電が発生しているのかをトラッキングすることが可能となります。

また、通話ログを蓄積する事でGoogle analyticsなどの効果測定ツールとデータを連携でき、Webフォームからの問合せ件数などと一緒に分析することも可能になっています。

最後に

これからのマーケティングはより複雑化、高度化していくことが予想されます。
オンライン・オフラインの区切りなくシームレスに測定でき、その効果を見極めることができるコールトラッキングを導入することで施策検討がより簡単になるでしょう。コールトラッカーを導入することにリスクはありません。今までどおりの業務遂行の中で効果的なデータを蓄積でき、今後のプロモーションの指針となることは間違いありません。そうなれば、無駄な広告費用を節約でき、効果的なプロモーションに費用や人員を注力できるでしょう。

CallTracker(コールトラッカー)の導入を検討されているお客様のご相談・お問い合わせは無料ですので、お気軽にご連絡くださいませ。

その他のおすすめ記事