サイネージって効果あるの?効果測定で検証しよう!

サイネージ効果測定

様々な広告手段がある中で、昔から続けられてきたのがポスターや看板などのサイネージです。最近ではネットワークに接続したディスプレイに映像などを映し出す「また、インターネットが浸透するにつれて変化してきた広告においてデジタルサイネージ」が普及し、インターネット広告が主流になりつつある中でもなお、を含めて非常に重要な広告手段として使用され続けています。そんなサイネージの効果を最大限に引き出すためにはサイネージの効果測定が大切です。今回は、サイネージの効果測定について解説していきます。

サイネージは社会の一部として確立!

町を歩けば、ポスターや看板がすぐに目に入りますし、駅や商店街には大きなデジタルサイネージが設置されています。最近では人通りの多い場所だけでなく、普通のビルやマンションノン壁にもデジタルサイネージの明かりが目をひきます。街中では、日本中どこに行っても、どちらを向いてもサイネージが目に入らないところを探す方が難しいくらいです。それほど、私たちの生活、社会に根ざしているサイネージは、広告を考える上で無くてはならない存在です。

サイネージに重要なのが効果測定!

広告としてのサイネージを考えたときに、重要なのがその効果測定です。せっかく広告費をかけてサイネージを企画しても、そのままほったらかしでは広告の効果を最大限に生かすことができません。他の広告手段と同様に、サイネージでも効果測定が非常に重要な意味を持ってきます。効果測定を行い、それを生かした施策を導入できて初めて、サイネージの効果を実際に活用できたと言えるのです。

サイネージの効果測定とは?

それでは、サイネージの効果測定にはどういったものがあるのでしょうか。サイネージの効果測定において重要な要素は、サイネージを設置した場所の通行人に関する情報と、通行人がサイネージをどれだけみているかという注目度インプレッション(露出数)、さらにはサイネージを見てのた後の具体的行動(リアクション)反応を見ていく必要があります。に関するものがあります。

①サイネージ設置場所の通行人

サイネージを設置した場所で、どの時間帯にどういった種類の人がどれくらいの数、通行しているかと言うことは、サイネージの効果測定において非常に重要な要素です。単純に男性が多いのか女性が多いのかだけでも、サイネージの内容を考えて、通行人の種類に合わせて注目率を高める施策ができるからです。また、通行人の通行する方向などによっても、サイネージの向きや光のあたり具合などを変更することが可能です。

さらには、サイネージを設置する場所が待ち合わせ場所などになる広場のタイプなのか、単なる通路で立ち止まる人の少ない場所なのかも重要です。じっくりと見せて興味をひくサイネージとするべきなのか、ぱっと見のインパクトで印象に残るようなサイネージにすべきなのか、臨機応変に用意する事が必要なのです。

②サイネージがどれだけ注目されているか

サイネージがどれだけ見られているかを把握することも重要です。最近は、顔検出カメラでサイネージを見ている人を映像から自動で数えて把握することができますので、カメラの設置さえできれば、効果測定はやりやすくなりました。サイネージを設置した場所の人通りがどれだけ多くても、実際に見ている人が少なければ広告としての意味はありません。サイネージの効果測定において、注目率インプレッション(露出数)は非常に大切です。

③サイネージに対する反応

サイネージを見て、実際に反応を示してくれる人たちは、顧客となる可能性の高い見込み客となり得ます。それらの人たちを把握することは、サイネージの効果測定の中でも最も重要だと言えます。そのためには、サイネージを見た後に、メールや電話による問い合わせや、問い合わせをした人に関する情報を獲得することが必要です。メールでの問い合わせはいつでも受けられて残るものですので把握は簡単ですが、電話での問い合わせに関してはしっかりと準備をしていないと効果測定することは難しいでしょう。

サイネージの効果測定は電話での反応を把握することが重要!

サイネージの効果測定に関しては、上で示したとおり、複数の要素が大切です。そして、その中でも事前に準備をしていなければならない電話での反応を把握することが特に重要と言えます。電話による問い合わせを把握するためには、コールトラッキングツール「コールトラッカー」を導入することが最も簡単で正確な効果測定を可能にします。

コールトラッキングツール「コールトラッカー」であれば、電話による問い合わせを全てトラッキングできます。サイネージの場所ごとに電話番号を変えて設定すれば、どの広告からの反響かがわかりますし、営業時間外や話し中などで応対できなかった電話もしっかりと記録することで折り返しをすることが可能になります。

電話による問い合わせを全て網羅できるのですから、かなり簡単で効果の高い施策となります。無料トライアルがありますので初期投資がいりませんし、広告効果を高めることができれば、より効率的な広告を打つことができます。それにより、広告費を今より削減することもできるでしょう。そうすれば、今までと変わらない経費にもかかわらず、売り上げアップ、顧客増などを狙うことができるのです。

その他のおすすめ記事