チラシ配りは奥が深い…ポスティングの効果測定は?

ポスティング価格

チラシ配りは意外と奥が深いものです。ローカルの集客にはまだまだ有効です。最近ならコンテンツマーケティングが流行っていますから、サイトを構築してクラウドソーシングで記事を調達し、インターネット上から集客していくというやり方が増えてきました。

しかし、そうはいっても、サイトを構築して記事を集め、マーケティング施策して、ウェブ上から集客するのは大変です。ちゃんとしたウェブデザイナーとライターを確保しようとすれば予算はかかりますし、安くあげようと思ったら粗悪品が生まれます。

さらに、ウェブからの集客に夢を見てしまいがちですが、ウェブ集客は無敵ではなく、実は弱点もあるのです。それが、地域のお客様を集客するのにあまり向いてないということです。ローカルビジネスというやつで、たとえば、地元に愛されるお店を作ろうと思ったら、また別の努力が必要ということです。

ただし、新規開店したお店やサービスを宣伝するのに、チラシは効果的です。地元のお客さんに、開店をアナウンスし、新しいサービスをアピールすること。それがとても大切になってきます。

ポスティングの価値

そしてポスティングに大切なのが効果の測定です。どのようにしてポスティングが広がったのか、ただ単にチラシを投げ入れるだけだと、お金を無駄にして終わってしまいますので、効果を測定しなければなりませんよね。

まず、ポスティングにあたっては、チラシ紙の枚数、そして地域のマップが必要です。さらには、チラシを作る前に工夫もいりますよね。電話番号を掲載すると思いますが、チラシ専用の電話番号を準備して、反響を測定するのも効果的です。

さらには、チラシ専用のクーポンを準備して、どの地域から集客したかということを、チェックすることもできます。チラシを丁寧にみてくださる見込み客は、同時にクーポンをしっっかりつかう節約志向の高いお客様になる可能性がありますから、きちんとチラシをみてくれるので、上客になりがちです。クーポンなんて値引きだから良い客ではないと思いきや、大切にすることで、大きな利益につながるのです。なにより、口コミが良好になるので、チラシの効果はバツグンです。チラシと口コミの双方の効果を狙って、ポスティングの効果を高めていきましょう。

ポスティングの効果測定は?

ポスティング・チラシの効果測定方法はいくつかあります。どうやって効果を測定するか。それは電話のトラッキングがおすすめです。専用のチラシ用電話番号をつくって、チラシに掲載し、ポスティングの効果測定を行います。

電話番号を細かくわけるのは現実的ではありませんから、電話をかけてもらったどの時間帯に、かかってくるのかを確認することが大切です。

そこで、コールトラッカーという製品があります。コールトラッカーなら、問い合わせ用の電話番号を発行でき、そこに入ってきた電話が、何を見てやってきたお客様からの入電なのかがわかるようになります。

よって、オペレーターといいますか、企業側でできることは、これまで毎回、「何を見てお電話いただけましたか?」という質問をせずに、最初からそれがわかっている状態で、電話を受けることができるのです。

対応が無理だった場合、電話中や営業時間外の場合は、SMSなどで通知できますので、チャンスを逃しません。コールトラッカーは、自前で電話番号を複数準備するのではなく、コールトラッカー上のサービスが測定用に電話番号を準備します。それによって、どの広告からやってきた反響であるか、きめこまかく理解することができるのです。

媒体ごとに電話番号を変更する

たとえば、テレビやインターネットやフリーペーパーやチラシ。そうした各媒体からの入電を知ることができ、それによってより反響を捕まえることができます。現状、ウェブからの反響はよくわかるのではないでしょうか。しかし、電話反響までは手が回っていないということ、あると思います。

しかし、コールトラッカーなら、Web以外の電話による反響を逐一捉えることができ、同時に、どの時間帯の広告がもっともパフォーマンスが良いか、知ることができます。チラシに限らず、何の媒体を使っても、反響を測定しないことには意味がありません。

しかし、媒体ごとに細かい反響を知るのは非常に難しくなっています。そうすることで、広告の効果が“見える化”され、より具体的に手に取るようにわかるようになるのです。

またクラウドのサービスであるため、その他の設備投資は必要ありません。管理画面にアクセスするだけで反響をしることができ、電話加入権を何台も購入して、ということは不要なのです。 自前で広告測定をするよりも、外部のクラウドサービスに依頼したほうがよりよいのです。コールトラッカーを使って、ぜひともポスティングだけでなく反響をしっかり確かめて、より多くのコンバージョンを狙いましょう。

その他のおすすめ記事