新聞広告の費用を最適化し、広告パフォーマンスを高める方法

新聞広告費用

新聞広告を打ちたい、しかし費用が心配だ。

そんなふうに思われている方、多いのではないでしょうか。

そもそも、なぜ新聞広告を出すのでしょうか。それは、広告を出して、自社のサービスをアピールしたいから、つまり売上のためです。しかし、売上を上げるためには、ただ新聞広告を出すだけではうまくいきません。

新聞広告から、お問い合わせにつなげること、そして受注まで到ることが大切です。お問い合わせつまり電話での反響が、どの程度あるのか、反響を確かめ、費用対効果がどれだけあるのかを確認する必要があります。

気になる新聞の影響力は?

大手企業のトップから、優秀なビジネスパーソンにいたるまで、基本的にビジネスパーソンは日経新聞を読むことが多くなっています。よって、日経新聞は爆発的な発行部数を持ち、日本中のビジネスに良い影響を与えています。

日経新聞は、朝刊だけで242万部を突破しています。電子版は60万会員に到達しそうで、合計すると300万部ということになります。夕刊が115万部ですので、トータルで415万部といったところでしょうか。

https://adweb.nikkei.co.jp/paper/data/pdf/nikkeimediadata.pdf

朝日新聞には負けますけれども、ビジネスの中核にある人は必ず読んでいる新聞でもあります。インターネットの発達と人口減少にしたがって、日経新聞の部数も徐々に変化しています。

ただ、紙媒体は、発行部数が減ったといっても、まだまだビジネスホテルに置かれたり、読者が電車内で読んだり新幹線で読んだりと、生活に欠かせないものです。よって、広告もまだまだ効果があります。

そして費用ですが、25万円から、125万円となります。25万円で広告が出せるのは安いと思われるでしょう。しかしこれは、あくまで記事の「ハサミ」と呼ばれる、記事と記事の合間の小さなスペースに、挟み込む形です。

http://www.shinbun-navi.com/

それだと少し物足りないのであれば、文字にくわえて画像がある、段組に広告を入れると、40-58万円の、突き出しおよび記事中の広告となります。すこし費用感があがりますよね。

さらに、記事下によくある広告の集合体ですが、費用はなんと、1回つまり1日の朝刊で125万円。高いですね。あまりに高いです。しかし、日経新聞の広告は非常に読まれますので、広告効果は高いものと思われます。

費用をかけた広告の効果を測定するには?

多くのビジネスにおいて、新聞広告は費用対効果が高く、抜群のコンバージョン率を誇ります。コンバージョンとは、商品が売れることだけをさすのではなく、商品へのお問い合わせや、メールアドレスの登録でもコンバージョンと呼びます。

そこで費用をかけた新聞広告が、反響したとき。その反響を測定しないことには、費用対効果が測定できません。そして、その反響は、なんとこちらの定時時間外に起こっていることも考えられるでしょう。

最近は働き方改革やホワイト化で、定時後は業務をしないという会社が非常に増えています。ただし、BtoCの場合は、お客様からの連絡は、定時後にやってくることもあります。その効果、つまり、夜間や土日にどの程度、反響があるのか測定しなければなりません。

新聞広告は決して安くない広告媒体です。だからこそ、しっかり費用対効果を見極めていくことが重要です。業種・業態・製品によっても広告の相性はあります。新聞広告がいくら効果があるといわれていても自分たちで活用してみるとそれほど効果が無いケースもあります。しっかり効果測定をし、自社のサービスに合った適切な広告を出して最適化しましょう。

その他のおすすめ記事