販促資料の効果測定方法とは?効果的な資料作成のために

販促資料の効果測定方法
企業の集客率をアップさせるためには、販売資料も効果測定を行わなければいけません。予算をつぎ込んでも効果が薄くては、無駄な費用となってしまいます。しかし、紙媒体の場合、どこでコンバージョンを獲得できているのかの判断が非常に難しいため、特別なツールを使って効果を測定する必要があります。今回は販促資料でどれだけ集客できているかを測る効果測定の方法についてお伝えします。

販促資料の使用目的とは

販促資料とは、商品やサービスの宣伝に使われる、カタログ・パンフレット・ポスター・チラシ・DM・会社案内・パッケージデザインなど、お客さんの心を掴み反響率を高め、コンバージョンアップにつなげる大切な役割を担った広告になります。企業は簡潔でわかりやすい資料を作成し、商品の魅力を世に発信します。大企業であれば、コンバージョンに繋がる販促資料を作成するために、有名芸能人などをイメージキャラクターとして活用したり、話題性や認知度を与える印象の強い販売資料を作る事ができますが、中小企業ではなかなかコスト的に難しいこともあります。コストを抑えつつ効果的な販促資料を作るために企業は試行錯誤を繰り返しているのです。

では、販促資料作成をしていく上でポイントとなるのはどこでしょうか。

ターゲットをイメージする

 製品やサービスを理解してもらうためには、まず第一に誰に向けたものなのかを、しっかりイメージすることが大切になります。既存のリピーター向けなのか新規開拓向けか、顧客の市場から購買までの道筋を整理していく必要があるのです。そして、購買まで繋がった顧客の基本的な情報だけではなく、購買まで至ったプロセスを出来る限り、詳細に把握することがポイントとなります。

値段が安くてもモノが売れないと言われている現代ですが、その中でも、売れている製品やサービスは、製品コンセプトや優れている点をユーザー視点で伝える事が出来ているのです。大事なのは自社商品の強みや弱みを把握することで、訴求ポイントを明確にすることが大切な販促資料の作り方となります。

レスポンスを高める方法

 販売資料を使う状況を確認し、コンタクトが直接的か間接的か、購買プロセスのどの段階で使用するのかによっても、販売資料の価値は変わってきます。状況に合わせた適切な情報を掲載することにより、レスポンスが向上することにもなります。ユーザーの利用する場面を想定し、購買プロセスの、どのタイミングで反応するのかをイメ―ジしてタイミングに合わせた打ち出しを行っていくことがコンバージョンに繋がる大切な要因となります。

また、過去に制作した資料でレスポンスが高かったものと、そうではないモノに分け、効果的な販促資料だけにそぎ落としていく作業も重要になります。

ただ、販促資料の効果を把握するのは大変難しく、効果が出ている資料を不必要に更新してしまったり、効果の出ていない資料を使い続けている企業が多く存在します。

まずは販促資料の効果を客観的なデータをもって評価し、資料の統廃合の判断材料を持つ必要があるのです。

では、どうすれば紙媒体である販促資料の効果測定はできるのでしょう?

コールトラッキングを活用する

どのような販促資料を作り顧客にどうアクションさせるのかを考えるのは大事なことですし、できるだけ効果を高めつつ費用を安く抑えたいという考えは当然のものです。しかし、データ収集する事を怠ってしまえば、いつまでも効果的な販促資料を選別することが出来なくなってしまいます。

ここで活用するのがコールトラッキングサービスです。

コールトラッキングを活用することで、簡単にコンバージョン数などを可視化し、販促資料の選定を可能にします。販促資料1つ1つ個別に測定が可能なので、どの販促資料を使用して電話反響があったかが把握できます。また、イベントごとやキャンペーンごとに分けて測定することもできるので、どのイベントでどの資料が効果があったのかを把握することが可能になります。

最後に

販促資料は企業における集客率を高めるための手段の一つです。現在の販促方法は、WEBでの広告が主流となりつつありますが、ポスティングや雑誌、TVCMなども、特にネットリテラシーの低い高齢層などの方に向けた施策として有効です。

最高の販促するために、現在行っている販促資料をコールトラッカーを使用し効果測定しつつ、より最適なプロモーション手法を考えて見てはいかがでしょう。

その他のおすすめ記事