電話の効果測定は予算最適化を大きく加速させる

オフライン・オンラインの統合計測

現在、電話、特にスマホからの問い合わせの割合がどんどん増えています。そのため、BtoB、BtoCに関わらず、電話からのコンバージョン対策は企業が考える重要な問題です。また、いくつもの広告媒体を利用している場合は、しっかりと効果測定をしなければ、質の高い媒体で効果的な広告を配信できているか分かりません。無駄な広告を減らし、きちんとした効果測定を考える必要があります。

WEBマーケティングの強みとは?

現在使用している広告がどのくらい効果があり、どれくらいの契約・収益に結びついたのかを数値化し分析できることがWebマーケティングの強みです。

これはコンバージョン率と言われているものですが、広告による効果の数値がわかれば、どの媒体やサイトにどのような広告を設置すると、最も効果が得られるかが分かります。そして、コンバージョン率を客観的に判断することで、指標に基づいた分析ができるため、最適なコストで期待値を計ることができます。それにより、より効果の高い広告を選び、設置することで会社の収益があがるのです。

ウェブでの効果測定は簡単だが弱点も!

広告の効果を計測するためのツールを提供しているWEBサービスは、幾つも存在しています。最もメジャーであるのが、Google アナリティクス。どんな Web サイトでも簡単に導入することができて、WEBサイトや書籍などで使い方が多数紹介されているため、さまざまな形で詳細なデータを取ることが出来ます。そのため、Google アナリティクスは Web の効果測定に大きな影響を与えていますが、実はデメリットもあります。

それはオフライン広告媒体からの問い合わせ状況の把握です。

すぐにお客様が連絡したい時には、メールやフォームからのウェブ上での問い合わせではなく電話での問い合わせが多くなります。だからこそ、チラシ、テレビ、本などインターネットを超えた全ての媒体は、未だに電話からの問い合わせが中心となっています。

また、QR コードなどの技術が登場しましたが、人によってはQRコードを撮る手間よりも電話番号をダイヤルした方が早いのも事実です。

電話での効果測定が重要!

Webと同じように、電話の効果測定がコールトラッキングで簡単にできます。電話の効果を把握することで、どの媒体・方法に予算を投下すべきかがわかり、コストパフォーマンスの高い広告だけに絞って広告出稿ができる様になります。

例えば、何らかのキャンペーンを始める時に、あらゆる手段で広告を打ち出します。TVCM・ラジオ・電車内の中刷り・雑誌・ポスティング・チラシなど、方法は多種多様です。その中でも、TVは最もコストがかかりますが、反響効果が一番強い広告になります。

しかし、ポスティングなど低コストの方法でも反響が強い場合は、それに広告料金を投入した方が効果的です。それぞれのビジネスによって効果的な広告手段は変わるからこそ、しっかりとした効果測定が必要となってくるのです。

冠婚葬祭や水漏れ、鍵の紛失といった緊急を要するトラブル対応などの広告や、病院や美容系、税理士や弁護士といったターゲットの年齢が高い広告、また説明が困難でアプローチが難しい物の広告に関しては、特に電話でのファーストコンタクトが非常に多くなってきます。

効果測定で機会損失を減らしコンバージョンを上げる!

電話計測(コールトラッキング)を導入することにより、不在着信や通話中といった機会損失を含めて数値化することによって電話の効果測定をしっかりと認識できます。

また、機会損失がいつ起きているかを把握することで、電話の問い合わせの多い時間帯に合わせ、人員配置をするなど、問い合わせのアクションに事前に対応できるようにもなります。

通話が多い時間のオペレーションの人数を増やし、営業時間外の対応アナウンスやメール通知を利用すれば、さらに機会損失を防ぐことができるでしょう。通話の時間と電話番号のログをお知らせすることで、今まで取りこぼしていたコンバージョン率を底上げするとともに、お客様の満足度や企業イメージのアップに繋がります。

またコールトラッカーでは、CRMやWeb解析ツール、広告出稿システムなど、API連携ができるので、業務効率化や広告効果の一元化が図れます。コールトラッカーを利用するだけで、これらのメリットを一挙に手にいられます。コールトラッカーを利用しなければ、他のライバル会社から後れを取る可能性も考えられます。

最後に

スマホの普及により、WEBからワンタッチで電話をする人が増えました。場合によっては、その電話がそのまま契約に繋がる事だってありえます。当然、オフラインの媒体広告からの電話も未だに多いのは変わりません。だからこそ、電話の効果測定をしっかりとすることで、広告媒体を効率よく活用することができ、より細やかな対応を実践することができるようになります。

ただやみくもに、費用を広告に投資するのではなく、スマートに効果的な広告を投下することで、今まで以上の収益に繋げることができます。オンラインの調査だけでなく、オフラインの電話による効果測定を見直し新しい事例として取り組んでみてはいかがでしょう。

その他のおすすめ記事