Googleアナリティクスで電話コンバージョンを測定しよう

GAで電話コンバージョン計測

Googleアナリティクスで電話コンバージョン

Webサイトに問合せ用の電話番号を掲載していますか?

インターネットの利用者が増えていく中で、ネット完結型を目指し、電話番号を掲載しない企業も最近では増えてきました。
ただ、「電話でのコミュニケーションが苦手」というユーザーがいる一方で「問合せフォームに入力するのがメンドクサイ」という様に、人が違えば性格も違うということで、多様化するユーザーに合わせて問合せの手段を複数用意した方がユーザービリティの高いWebサイトと言えそうです。

特に、車や不動産などの高額な商品の場合、保険・介護・士業など要件が込み合った難しいサービスの場合、そして飲食・美容などの忙しくてメールを見ていられない業種の場合は、メールではなく電話で問合せするケースが多いのではないでしょうか。

必ずしもウェブ上でコンバージョンするサービスばかりではなく、実際に声を聞いて、なんなら来訪して、顔と顔を突き合わせてから契約したいという人も少なくありません。インターネットがプレゼンスを高めつつあるとはいえ、問合せの手段は多様なユーザーに合せて複数用意するのがコンバージョン率を高める近道なのです。

そうしたとき、電話でのコンバージョンは大きな味方となってくれます。問い合わせをどの手段からどれだけ獲得するかは、業種・業態にも依存します。電話からの問合せの方が成約率が高いのであれば、電話が発生した広告を特定することでより効果的なポートフォリオを組むことができます。

Googleアナリティクスで電話コンバージョンを知るには?

では、Googleアナリティクスで電話コンバージョンを知るにはどうしたらいいのでしょうか。まず、トラッキングタグをGoogleアナリティクスから取得します。そしてWebサイトの電話番号欄に貼り付けて、イベントをトラッキングできるようにします。
但し、Web上のアクション(タップやクリックなど)までしかGoogleアナリティクスでは捕捉できません。実際の「通話」はWeb上のアクションではなく端末側の操作になるため、正確に追えないのです。

Googleアナリティクスで電話コンバージョンを計測すると言ったら、電話番号が表示されたリンクをクリック/タップした回数を計測することを指し、正確な数値とは言えないのが現状です。

Googleアナリティクスでタップ計測をする意義

Googleは、サイト閲覧者の情報を非常に細かいところまでみています。Googleの検索結果にユーザーの役に立つ情報を上位表示するためには「サイトの評価」が必要だからです。このサイトの評価は公開されていませんが、Googleはアルゴリズムを使って上位表示しています。そのサイトの評価に関連しているので、サイトの中身(コンテンツ)だけでなく、インターネット上の人気投票と言われる、外部サイトからの被リンク情報なども取得しているのです。

たとえば、SNSやTwitterなどのソーシャルメディアから流入があったのか、それともGoogleの検索結果(オーガニック検索)からきたものなのか、ブログやまとめサイトなどの外部メディア経由なのか、流入経路は様々です。その外部評価に加えて、サイト内の動きもみています。ウェブサイトの読者がサイトに訪問し、どのようにサイトをみて、どこで離脱し、どこでサイトを遷移し、何に対してしっかりと興味を抱いたかという流れをGoogleは把握しています。

そして、当然ながら、電話番号をクリックした回数や、どのような属性のユーザーが電話をかけてくれたのかも、Googleはデータとして取得しているのです。

だからこそ、実際の通話が発生したかどうかは多少あやふやでも電話のコンバージョン計測を行い、ユーザーの動きを観察することは重要なのです。

そこでコールトラッカー

そこでコールトラッカーというサービスはいかがですか。コールトラッカーなら、Googleアナリティクスに実際の通話コンバージョンデータのみを反映させることができる様になります。タップやクリックを計測するイベントトラッキングでは実現できない、本当の電話コンバージョンによる計測が可能となるのです。

コールトラッカーがさらにすごいのはWebサイト経由のオンラインコンバージョンだけでなく、テレビ、新聞、チラシ、ラジオといったオフラインの広告媒体からの電話コンバージョンも正確に捕捉できることです。これまでできなかったオンラインとオフラインの統合データで横断的な広告評価が可能です。

クラウドサービスで必要に応じてたくさんの電話番号を準備するので、自分で電話回線を契約する必要も大がかりな設備が必要になることはありません。
電話コンバージョンの分野はこれまでどの企業もおろそかにしてきた部分で、何をどう改善すればパフォーマンスを上げられるか、ナレッジが蓄積できていないブラックボックスです。

もし他社を出し抜いて売上を伸ばすことをご検討されているのであれば、そのブラックボックスの解明に手を付けてみませんか?
売上を大幅にアップさせるヒントが見つかるかもしれません。

電話コンバージョンの統合評価ツール、コールトラッカーを是非ご活用下さい。

その他のおすすめ記事