スマートスピーカーで再注目!ラジオ広告で上手なブランディングを

ラジオ広告の効果測定

◆ラジオCMで効果測定をするには

ラジオでCMを展開したとき、問題となるのは「広告の効果をどう測るのか?」です。
ラジオを聞いて情報を知ったお客様からの問合せや注文は電話が中心となります。

電話が来るたびに内容を記録して数をカウントするのは面倒です。
そのため、大抵は実際にオーダーが入った売上金額からざっくりと効果があった、なかったと判断しています。

 

しかし、それでは次回の広告を打つとき、どこをどう改良すればより効果で出るかが判断できません。
そんなときに便利なのが、コールトラッキングサービスです。

 

コールトラッカーは電話による問合せを可視化できます。
チラシ広告、TV広告、ラジオ広告など扱う広告ごとに異なる番号を割り振ることでどの広告からの反響が大きいか図ることができます。


さらに、朝の時間と夜の時間で異なる番号を紹介するといった工夫で、どの時間帯にCMを流すのが効果的か見定める指標にもなります。
媒体別効果比較
電話問い合わせから、マーケティングのヒントを得たいという広告主のニーズにも、録音機能や通話内容のテキスト化を利用することで有効に活かすことが可能になります。
また、CM直後に集中的に発生してしまった電話問い合わせを通話中で対応しきれなかったとしましょう。

コールトラッキングサービスを用いることで、受けられなかった電話への折り返しやSMSでの案内ができるので広告効果の恩恵を最大化させられる仕組みが整っています。
コールトラッキングサービスの多くはクラウドサービスです。
 
サーバや交換機などのハードウェアを用意したり、アプリやシステムをインストールする作業が不要で最短で利用することができます。
せっかくCMを打つのですから、反応を可視化し、どの番組、どの時間帯が有効なのかを計測する。


そこから売上の拡大をはかる仕組みを整えることは、広告予算を有効に使うためのとても大切です。

 328 total views,  8 views today

この記事を書いた人
ビジネスシーンにおける電話の役割は実に多種多様。 電話にまつわる”あれこれ”をお届けしていきます。