電話リレーサービスにみるコミュニケ―ションの仲介

コミュニケーションの仲介

◆WEBからのアクションを電話で通知

インターネットからサービスの購入や予約を行う場合、WEBフォームに各種情報を入力することが大半です。

問い合わせを受けた側は、急ぎで在庫確認する必要があるケースや、即座に返事を返さなければならないケースもあります。

それでもWEBの管理画面ばかりを気にしていられないため、客足や他の業務に集中力を奪われるうちに見落としや対応漏れは起きてしまいます。

スピードが求められるような局面ではこの対応の遅れは取り返しのつかないものになってしまいます。

引っ越しする際に一括見積サービスを利用したことがある方なら、イメージしやすいかと思いますがWEB申込みをした瞬間からあまたの業者から電話がかかってくる。

そんな経験はないでしょうか。

ここではWEB申し込みをきっかけに登録事業者へ一斉に、問合せ情報を音声変換し通知する仕組みが働いています。

WEBで通知されても気づきにくい引っ越し業者の環境に対して、気づきやすい形で案内を変換しているのです。

◆最後に

メッセージや通知を受け取る側の事情もあれば、発信者側に事情があることもあります。

コミュニケーションの仲介が円滑に機能すれば、伝わらないことのストレスに悩まされることはなくなっていくかもしれません。

情報に上手にたどり着けない、見つけられない、伝わらない。

これらの課題をシステムで解消し、よりよいカタチに代替していくことは通信ベンダーの使命でもあります。

ぜひ、現在のコミュニケーションにストレスを感じている方はご相談ください。

 2,554 total views,  4 views today

この記事を書いた人
ビジネスシーンにおける電話の役割は実に多種多様。 電話にまつわる”あれこれ”をお届けしていきます。