Googleアナリティクスのイベントトラッキングを使いこなそう!

Googleアナリティクス イベントトラッキング

Googleアナリティクスとは?

Googleアナリティクスは、無料で使えてパワフルな、Googleが提供するアクセスログ解析ツールです。
アクセスログを解析できますし、Googleが出しているものですから、とても精密でいろいろな情報を解析することができます。利用には、トラッキングコードをサイトに貼り付ける必要があります。つまり、他人のサイトをGoogleアナリティクスで勝手に分析することはGoogleアナリティクスではできません。自分のサイトであるからこそ、発行されたトラッキングコードを貼り付けて、利用者を解析するものなのです。

イベントトラッキング機能とは?

では、イベントトラッキング機能とはなんでしょうか。イベントトラッキング機能は、文字通り、イベントを追跡できるものです。イベントとは、

・Webサイトから資料がダウンロードされた
・Webサイトから動画が再生された
・Webサイトのリンクがクリックされた

など、Web上のアクションを指します。
このイベントトラッキングを活用することでページ内でのユーザーの行動が手に取る様にわかります。

「資料ダウンロードページのリンクを押したけど、実際にダウンロードはされなかった」割合が多い場合は、ダウンロードページに何か問題があるでしょうし、「ページに訪れたけどスクロールも何もせず直帰した」と言う場合は、ファーストビューでの訴求内容やページスピードに問題があるかもしれません。このように、イベントトラッキングを使うことで、ウェブサイトのどこに問題があるのか、特定することができるのです。

イベントトラッキングタグの貼り付けが必要

イベントをGoogleアナリティクスが獲得するには、タグの貼り付けが必須となります。タグを貼り付けないことにはイベントトラッキングできません。そのタグを貼ることで、電話やメールそして外部リンクのクリックなどのイベントが発生したとき、Googleアナリティクスが検知してくれるのです。

イベントトラッキングタグは、Googleアナリティクスから取ることができます。イベントトラッキングコードを貼り付けることで、イベントがようやく通知されるわけです。

クリックの集計でできること

ではイベントトラッキングによって、クリックがどの程度できるか確認していきましょう。
たとえば、ABテストにも使えますし、同時に、下記のようなパターンで使えます。

・商品の画像と、サムネイル画像ならどちらがよくクリックされるか
・お問い合わせページへのボタンのクリック検出
・商品サービスが複数ある場合に、どの程度クリックされるのか知りたい
・ページのデザインにおいて、上や下ならどちらのリンクがクリックされるか
・リンクで遷移する場合に、そのプロセスをチェックしたい
・外部に遷移した場合に、そのクリック率を調べたい
・完読率や読了率を調べたい
・ウィンドウの表示回数を取りたい

このように、かなりさまざまなイベントが取れます。

電話計測の際のイベントトラッキングの注意点

しかし、このGoogleアナリティクスのイベントトラッキングには注意点があります。それは、電話のコンバージョンを計測する場合には正確なコンバージョン値にはならないということです。

たとえば、ウェブサイトを作成して問い合せの電話番号を右上に載せ、電話で受付をしたりお問い合わせを待ったりするケースは非常に多くなっています。しかし、電話というものは、もしかしたら誤タップかもしれませんし、時間外にかけようとされたかもしれません。よって、電話番号の数字がスマホ上にポップアップした時点でコンバージョンだとみなしてしまうと、かなりの数字がコンバージョンとして計上されてしまいます。

この場合、Googleアナリティクスでトラッキングできるのはクリック/タップされた数値であり、実際のコール数とは大きな乖離ができてしまいます。

イベントトラッキング機能を使って電話コンバージョンを計測する場合は、あくまで「便宜上」のものであることを注意しなければならないのです。

実際の電話コンバージョン値を計測するなら

そして、電話のコンバージョンをより正確に検出するなら、コールトラッカーがおすすめです。
コールトラッカーなら、いつ何件電話コンバージョンが発生したか正確に計測することができます。

Googleアナリティクスとの連携も可能なので、イベントトラッキングの代わりにコールトラッカーの実架電データをコンバージョン値として取り込むことができます。

これでタップ数とコール数の乖離に悩むことはありません。

コールトラッカーは難しい使い方を覚えなくとも、電話番号を計測専用の電話番号に貼替えるだけスムーズに導入できますので非常におすすめです。深夜や休日にかかってきた電話を計測し、どこの地域からどのような広告を経て、コンバージョンしたのかがより精密にわかるのです。

コールトラッカーを使って広告の成果を最大化し、より売上アップを図ってみませんか?アナリティクスのイベントトラッキングと併せて活用することでデジタルマーケティングデータの分析やコンバージョン最大化を強力に後押しできます。

その他のおすすめ記事