Googleアナリティクスのイベントトラッキングを使いこなそう!

google analytics cvent tracking

◆Googleアナリティクスとは?

Googleアナリティクスは、Googleが提供するアクセスログ解析ツールです。

 

無料で使えて多機能、かつGoogleという信頼性から多くの企業でも導入されています。

 

アクセスログを解析できますし、とても精密でいろいろな情報を解析することができます。

 

利用開始の前段階として、トラッキングコードをサイトに貼り付ける必要があります。つまり、他人のサイトを勝手に分析することはGoogleアナリティクスではできません。

 

自分のサイトであるからこそ、発行されたトラッキングコードを貼り付けて、利用者を解析するものなのです。

 

◆イベントトラッキング機能とは?

では、イベントトラッキング機能とはなんでしょうか。イベントトラッキング機能は、文字通り、イベントを追跡できるものです。

 

イベントにはどんな種類があるのでしょう。

click_event

など、Web上のアクションを指します。
このイベントトラッキングを活用することでページ内でのユーザーの行動が手に取る様にわかります。

 

◆全体の傾向からどんな情報を読み解くのか

「資料ダウンロードページのリンクを押したけど、実際にダウンロードはされなかった」割合が多い場合は、ダウンロードページに何か問題があるでしょうし、「ページに訪れたけどスクロールも何もせず直帰した」と言う場合は、ファーストビューでの訴求内容やページスピードに問題があるかもしれません。

 

このように、イベントトラッキングを使うことで、ウェブサイトのどこに問題があるのか、特定することができるのです。

 

◆イベントトラッキングタグの貼り付けが必要

イベントをGoogleアナリティクスが獲得するには、タグの貼り付けが必須となります。タグを貼り付けないことにはイベントトラッキングできません。

 

そのタグを貼ることで、電話やメールそして外部リンクのクリックなどのイベントが発生したとき、Googleアナリティクスが検知してくれるのです。

 

イベントトラッキングタグは、Googleアナリティクスから取ることができます。イベントトラッキングコードを貼り付けることで、イベントが通知されるようになります。

 

 

◆クリックの集計でできること

abtest

ではクリックからどのようなイベントが取れるのでしょうか。
たとえば、よりどちらが効果が高いか確認するABテストにも使えますし、同時に、下記のようなパターンでも使えます。

・商品の画像と、サムネイル画像ならどちらがよくクリックされるか

・お問い合わせページへのボタンのクリック検出

・商品サービスが複数ある場合に、どの程度クリックされるのか知りたい

・ページのデザインにおいて、上や下ならどちらのリンクがクリックされるか

・リンクで遷移する場合に、そのプロセスをチェックしたい

・外部に遷移した場合に、そのクリック率を調べたい

・完読率や読了率を調べたい

・ウィンドウの表示回数を取りたい

このように、かなりさまざまなイベントが取れます。

 

続きを読む<電話計測の際のイベントトラッキングの注意点>

この記事を書いた人
ビジネスシーンにおける電話の役割は実に多種多様。 電話にまつわる”あれこれ”をお届けしていきます。