災害時に役立てたい電話を使ったサービス

災害用伝言ダイヤル

地震大国である日本では、小さな地震も含めると年間に震度1以上の地震回数は1,704回もあるそうです。(2020年のデータ参照)
災害と呼べる規模の地震は、早々起こるものではありませんが実際の地震被害に会われた経験がある方は準備の大切さを理解されていることでしょう。

 

ひとたび災害になると、いくらスマートフォン端末の性能や、ネットワーク技術が進歩しても通信そのものが機能不全になることは避けようがありません。

 

携帯の電波が届かないような状況で、「はぐれてしまった家族と連絡を取りたいが手段がない」というアクシデントは決して他人事ではないのです。

 

メールやSNS、チャットといった普段からカジュアルに利用しているサービスもインフラとしての機能を失ってしまったとしたら、連絡を取り合うことは難しくなります。

 

もし、災害が起こったらどのようにして連絡を取り合うか普段から家族で話し合っておくことは重要です。

 

通話だけでなく、伝言を残したり、その伝言を本人に伝えたりというごく日常的にできていたコミュニケーションが難しい状況に陥ってしまったとき、どのような方法で連絡を取り合うことができるでしょうか。

 

◆連絡を取り合う手段を決めておく

いざという時、安否確認のルールを設けておくことをお勧めします。

 

普段から話し合いをしておくことで災害時に、何をすべきか迷わず行動に起こすことができます。

 

携帯電話は電波やバッテリーがなければ、連絡を取り合うことはできませんが、公衆電話は災害時にも役割を発揮します。

 

公衆電話を利用し、災害用伝言ダイヤルにメッセージを残すという確実性が高い方法があります。

続きを読む<◆災害用伝言ダイヤル171とは >

 336 total views,  4 views today

この記事を書いた人
ビジネスシーンにおける電話の役割は実に多種多様。 電話にまつわる”あれこれ”をお届けしていきます。