新聞は本当に宣伝になるのか!?~新聞広告の費用対効果~

新聞の広告効果

◆新聞広告の費用対効果は?

 

新聞広告の魔力
 
新聞広告の値段は、場所によって異なります。
記事の末尾に小さく掲載されるだけなら値段も安価に実施可能ですが、そのかわり効果もそれ相応です。
 
よくあるのが、記事の下1/3をすべて広告で埋め、本などが徹底的にセールスされているものです。
権威ある新聞がお勧めしているかのように見えますから、信頼性や訴求力が高く、購入へと至ってしまうといわれています。

 

新聞は基本的におかたい文章で構成されていますので、その休憩といいますか箸休めについつい広告を見てしまうものです。

 

さらに、上から下に視線が流れますので、自然と新聞下部の広告が目に入ります。

 

費用対効果は業種・業態や掲載位置、大きさ等によってもばらつきがありますが、権威づけや信頼性を出すのには非常に効果的であるといわれています。

 

さらに新聞の一面をジャックして、意味深な広告を打つと、何千万円もかかる代わりに、大きなインパクトを社会に与えることができます。

 

新聞の一面広告は非常に効果が高いです。
反響の一つとしてSNSで話題となるケースも多いです。

 

オフラインで打った広告がオンラインで取り上げられるというのは非常に面白い反応だと思います。
直接的な訴求を避けて、社会に還元していくような内容であればあるほど、皆が話題にしてくれて、SNSでバズるという現象が起きる期待ができます。

 

SNSで大きな反響があれば、テレビなども取り上げてくれる可能性がでてきます。
少なくともネットニュースにも掲載されて拡散され、大きな話題となってくれるため宣伝効果はバツグンです。

 

そのためには、念入りに打ち合わせして、誰かを傷つける表現ではないか、一部に反感を買うような誤解を与える表現になっていないか、慎重に検討する必要があるでしょう。

 

新しい時代を象徴するかのように、攻めたコピーも話題となりがちです。
とにかく世間の人たちをあっと言わせるような、そんな広告が展開できます。
ネットでバズれば、あとは勝手に拡散していきます。
それが難しいのですが、仕掛けをつくることはできるので、新聞が若い人に遠いということはないのです。
家族がとっている新聞を読んでいる若者も多いですから、そうした層にアプローチできます。

 

◆新聞広告の効果を測定しようと思ったら

 

いくら費用対効果と言っても、それを検証するには正確な効果測定が必要になります。
とくに新聞広告は大きな紙面になればなるほど、費用が跳ね上がりますから、反響がどの程度あったか知らないことには広告のパフォーマンスがはかれません。

 

▼一般的な計測の手段としてこのような方法があげられます。
 
① 「xxxxで検索」の表記で検索させる。
② パラメータを付与したURLで生成したQRコードを載せる。
③ 問い合わせ先にトラッキング用の電話番号を表記する。

 

電話番号を掲載する場合には、コールトラッキングツールを利用することをお勧めします。

 

コールトラッキングツールは広告からの電話反響を測定するサービスです。
テレビ、新聞、ラジオ、雑誌、フリーペーパーといったオフライン広告だけでなく、自社のホームページやサテライトサイト、外部のホワイトペーパーやニュースリリース記事といったオンライン媒体からの反響も一気通貫で効果測定することができます。

 

広告ごとに異なる番号を掲載することで反響を個別に可視化することができます。
また仮に電話がかかってきても、営業時間外などで受けとることができなければ、大きな機会損失となってしまいます。

 

直接的には1名のお客様を逃しただけであっても、その背後にいる大勢の関係者への口コミを失ってしまうのです。

 

コールトラッキングツールがあれば、時間外の問い合わせも逃しません。

 

あとからコールバックできる情報が残りますし、どの広告からの反響がいちばん大きいか測定できるので、そこに資本を集中させて、より大きなパフォーマンスを得られるよう最適化していくのもよいでしょう。
新聞はパワフルな宣伝媒体です。
そのパフォーマンスを測定し、より効率よく集中投下しましょう。

 9,136 total views,  16 views today

この記事を書いた人
ビジネスシーンにおける電話の役割は実に多種多様。 電話にまつわる”あれこれ”をお届けしていきます。