新聞広告の効果測定は高齢層をターゲットとする企業にオススメ

新聞の効果測定方法イメージ

 

テレビやラジオ、インターネットが普及した現在もなお、新聞への信頼感が強く、新聞広告への出稿は国内での企業価値など権威的象徴のイメージもあります。高齢層をターゲットとする場合に有効で安心感にも繋がる広告。そのため、新聞広告の効果を知り有効な効果測定を取り入れましょう。

新聞購読者に与える影響

新聞広告を検討するマーケターの中には、発行部数の減少などデメリットとなる情報に左右され、なかなか実施に踏み切れない人も多くいるでしょう。しかし、いくら発行部数は減少したと言われても、一般紙とスポーツ紙で、約4200万部もの発行部数があり、まだまだ十分なインパクトの見込める広告施策と言えます。また、書店やコンビニで気軽に購入でき、パソコンや携帯電話といったデバイスを必要とせず、しっかり読んでもらえる媒体だからこそ、より最終コンバージョンにつながりやすい、質の高い顧客の獲得が見込まれるというのも魅力の一つです。

さらに、新聞はネット以上に情報の信頼性も高く、社会的・公共性のあるニュースが配信されています。そして、ゆったりと広告も見る事が出来、企業の姿勢や社会貢献への取り組みなども見て取れるので、高齢層の方には信頼性の強いツールとされているのは間違いありません。
全国発信のものから、地方紙掲載といったエリアセグメントも設定できるので、低コストでエリアニーズに合わせる広告を配信することができる事も魅力の一つとされています。

新聞広告のメリット

そもそも新聞広告とは、新聞を直接の媒体とする広告ですので、折込みちらしなどは含みません。日本の新聞は宅配制度も発達しているため、新聞広告は比較的安定した多数の読者が広告を見る可能性が高いものと期待されています。また前述の通り、全国紙に地方紙などと、新聞によって配布域も区分も分けられているため、広告対象の地域を定めやすく費用を抑える事も可能となります。

新聞広告は、1ページを15段に分けて考えます。全国紙の記事中で50万円前後、15段で数千万円(約2000万~3000万円前後)の費用が掛かります。また地方紙になれば価格は抑える事が出来ます。なにより新聞広告のメリットは、タイムリーに情報を発信することができるので、新商品の告知などインパクトを残し、売り上げ増進に期待することも出来ます。そのため、明確な情報を伝えられる広告でなければ、空振りに終わってしまう可能性も高いと媒体でもある言えるでしょう。

新聞広告で効果測定を行うにあたって

新聞広告は、Webに掲載されているオンライン広告と紙媒体で掲載されているオフライン広告の2種類があり、効果測定も本来個別に実施する必要があります。

オンライン広告では、ターゲットやニーズだけでなく、インパクトを与えているワードなど、広告効果の測定データをうまく分析することで、成果向上の近道にもなります。クリック数、PV、直帰率など、様々なデータを知る事が可能となりますが、このデータ全てを細かに把握し、分析するためには、多くの時間と労力が必要となります。しかし、WEBマーケティングで得られた情報を元とすることにより、広告費の高いオフラインの新聞広告でも効果的な情報発信が出来る様になります。

一方、オフライン広告の効果を測るのは大変難しく、広告出稿前後のPV数やお問合せの数などを参考に大まかな数値を把握しているのが現状です。

ただ、オフライン広告の効果測定が全く無理ということでは無く、一つの解決方法としてコールトラッキングサービスの活用が挙げられます。紙の新聞に掲載する電話番号をコールトラッキング専用の番号で掲載すれば、その直接効果を測ることができるのです。いつ、どの番号からどれだけ反響があったかを把握できるだけではなく、どのエリアからどれだけの問合せがあったかを把握できますので、有効なエリアセグメントの精査にも活用できます。

新聞広告の掲載位置も考慮しましょう

広告の掲載位置も自社をPRするためには、重要なポイントです。記事掲載には4つの方法があります。
1つ目は、記事広告。新聞記事と同じ形式で書かれている広告記事となりますので、 ニュース記事を読み進めると、そのまま広告が掲載されているため、流れで自然に読んでしまう形式になっているため効果ある広告となります。
2つ目は、案内広告です。別名で三行広告と言われ、テキストのみの3行程度の広告。 主には、求人や尋ね人、映画の情報などに使われることが多く、小さなスペースにテキストだけが掲載されています。
3つ目は、営業広告。商品の宣伝や企業のCMが写真画像と共に掲載された大きめの広告で、新聞広告として利用されることが多い広告になります。 目につくところに掲載されるため、広告効果のインパクトが一番高いとも言えるでしょう。
4つ目は、意見広告になります。政党や団体、個人が主義・主張や意見を世間にアピールしたい時に使う広告になります。

ただし、新聞広告を大体的に出稿すれば、必ずしも見込み客に繋がるとは限りません。 目につくところに、完成度の高いインパクトある新聞広告を載せ、ターゲット層をしっかりと絞ることによって、新聞の種類やジャンルを決めて行うことで、やっと成果を生むことができるメディアでもあります。

最後に

中高年の年齢層には信頼度が高い新聞広告は定着した効果もあります。しかし、広告の内容によって掲載方法や場所なども考慮する必要もあります。また、 新聞や広告の種類の選定、商品や広告の質、手法に狂いがなければ、オンライン広告以上にPRすることが可能なメディアとなっています。
そのため、新聞広告を成功させるためにも、インターネット上でのWEBマーケティングやコンバージョンされたキーワードなどの要素を効果測定し、効果的な訴求内容を固めていく一方で、コールトラッキングツールを活用して、直接的な効果を把握するだけでなく、極力無駄なエリアへの出稿を減らし、費用対効果を高めていくことが必要となってきます。

 

その他のおすすめ記事