反響を生むチラシを作るために知っておきたいキホンのキ

反響を生むチラシ

◆チラシの効果測定のチェックポイント

チラシの効果測定のチェックポイントとして、どんなことに気を配るべきでしょう。
報告や、企画を組み立てる際にも用いられる5W2H。


最低限、その視点をもって施策に具体性を持たせることは行っておきたいものです。
チラシのデザイン、配布エリア、配布のタイミング、ターゲット、訴求内容の種類、配布の手段などについて充分な検討をすべきですが、しっかりと計画が練られていないまま進んでしまうことは往々にしてあるでしょう。

どういったターゲットに、どう感じてもらい、どんな反応を期待するか がぶれていると内容も散漫になってしまいます。

①デザイン性
デザインはチラシの効果を大きく左右します。写真の配置や撮り方、トーンによっても印象は異なります。
文字の大きさや色、フォント、紙質も影響してきます。昨今では入稿データを作成するためのアプリやツールも多く存在するため自前で仕上げてしまうという判断もあり得ます。
コスト節約や、時間の制約から選択肢が多くないこともありますが、デザイナーと素人の決定的な差が明確に表れるのは「文字組み」だと言われています。


②配布エリア、ターゲット
家族連れの多い地域、単身者が多い地域など、それぞれの地域の特性を意識する必要があるでしょう。
また競合の乏しいエリアや、乗降客数を見ながら配布人員を適切に配置することも無駄を少なくする要素といえます。


③配布タイミング
時期や季節、曜日などを考えることが大切です。また、運動会やイベントが開催される情報を事前にキャッチしていれば便乗したり対策を講じることができます。


④訴求内容
セール情報や特別サービス、新規オープン、クーポン割引、先着●名限定、イベント告知などターゲットに行動を起こさせるためのモチベーションが明確で、魅力的であるでしょうか。
際立っていればいるほど威力は大きいものになります。


⑤配布方法
大手新聞、地方紙、ポスティング、街角配布、電子チラシ、店舗設置や折り込みサービスなどその手法は多岐にわたります。


それぞれに適性やメリットデメリットがあります。
水道、水漏れの修理のマグネットがポストに入っていた経験がある方は多いと思いますが同様の内容のチラシを街角で受け取ったという方は少ないでしょう。

一方で、使い捨てコンタクトのチラシはいつ通っても配布が行われているのはなぜでしょう。

その手法がサービスにマッチしているという裏付けがあるからこそ、その手段に振り切っているのではないでしょうか。


こうしたチラシの効果をそれぞれ考慮して、施策を打っていくことがチラシの効果を最大限に引き出すことにつながると言えます。
そのためには、チラシの効果測定を行い正しく効果を把握することが大切なのです。


◆オフラインの広告でも電話での問い合わせが多数!

オフラインの広告には、昔からさまざまな媒体、手段がありました。
現在はインターネットを使った広告が右肩上がりで伸び続け、広告の効果としてもどんどんその影響力を広げています。


しかし、オンラインであろうと、オフラインであろうと広告に対する反応の多くが電話によるものだということは見落としがちです。
広告の種類が増えてきたとしても、電話による問い合わせや注文をする人がいまだにかなりの割合を占めているのです。
そのため、電話反響を測定し、分析するツールが今なお求められているのです。


◆チラシに対する電話反響をしっかりと効果測定する!

チラシは、基本的にオフラインでの広告となります。昨今は、電子チラシなどもありますが、基本的にはアナログな広告です。




しかし、チラシがアナログだからこそ、昔から誰にでも広告効果を期待できるとされてきました。パソコンやスマホを使わない世代にもその効果を期待できますし、いろいろな手段でチラシを消費者の手元に届けることができます。


新聞への折り込みや街中など様々な場所での掲示や配布などが可能ですし、クーポン等の特典をつけることもできます。
オンラインとは違って、消費者が捨てるまで目につく場所に置かれていることもありますし、オフラインならではの有利な点がたくさんあります。
そして、アナログな広告であるチラシは、電話での問い合わせなどにつながることが非常に高いのも事実です。


だからこそ、チラシを見て電話をかけてくる顧客に対して、その電話の効果測定をしっかりと行うことが売り上げに直結する施策となります。
コールトラッキングツールは様々なデータをログとして管理でき、機会損失を防いだり、顧客満足度を高める目的で多くの企業で導入されています。

驚くことに、外注のコールセンターに受電を委託していてレポートを受け取っているにもかかわらず、さらに細かい情報をビジネスに役立てる目的でコールトラッキングツールを利用されている企業もいるほどです。




効率的な広告を出すことで、広告の効果を最大限にすることができ、さらに無駄な広告費を削ることができるサービス。
きっとあなたのビジネスの心強い味方になってくれるはずです。

 300 total views,  12 views today

この記事を書いた人
ビジネスシーンにおける電話の役割は実に多種多様。 電話にまつわる”あれこれ”をお届けしていきます。