反響を生むチラシを作るために知っておきたいキホンのキ

反響を生むチラシ
チラシは、最も歴史が長く、どなたにでも親しみのある広告媒体です。印刷された紙の情報を広く配布する(まき散らす)ことが「チラシ」の語源といわれています。


自作して配布も自分たちでやれば無料でできますし、外注しても比較的安価に実施できる手軽さが一番の売りです。
ユーザーにとってもデバイスや複雑な操作を必要とせず、すぐその場で見られるので、老若男女問わず広く訴求できる広告媒体と言えます。

しかし、手軽に始められる広告手段であるからこそ、場当たり的なやり方に終始せずチューニングを繰り返して効果を上げる工夫が求められるのも事実です。


「もっと反響が大きいインパクトのあるチラシを作成する」
「効果のあるエリアだけに絞って配布する」
「効果のある時間帯、曜日だけ配布実施する」
「表現の違いが明確な、パターンを作成しABテストを実施する」


という様に、ちょっとした工夫で効率よくチラシ配布を配布し、反響数を高める改善が行えます。
「作ること」が目的になってしまうと、施策の是非すらもうやむやになってしまいせっかくの人件費や広告費を垂れ流しにしてしまいかねません。


今回は、さらに効果的にチラシを活用するための知恵について解説していきたいと思います。

 

◆チラシの効果改善に踏み切る前の回帰分析

チラシをただ作って、ただ配っているようではせっかくの広告の効果をしっかりと享受できません。
チラシを配って売り上げが少し伸びたとか、あまり効果がなかったとか感覚で感じているだけでは非常にもったいないです。


せっかくチラシという広告媒体を使うのですから、どれくらい反響があり、どれくらい売り上げへの影響があったのかなどの効果測定をすることで、次の広告戦略に生かしていくことができるようになります。


チラシによる効果測定として、まずはどういった指標に目を向けるべきなのでしょうか。
まずはチラシを見て反応してくれた顧客の数を把握することが重要です。


チラシ効果を知る指標
ほかにも目を向けるべき指標は多く存在します。
これらは効果測定における基本中の基本と言えます。


属人的な集計に依存しなければ難しい場合はさておき、システマチックに正確な集計が行え、ログとして管理することで担当が変わってもその知見は企業に蓄えられる財産といえます。
しっかりとデータを収集し傾向を掴むことで、一段上の視点で施策を組み立てられるようになるのです。



続きを読む<チラシの効果測定のチェックポイント>

でんとら
この記事を書いた人
ビジネスシーンにおける電話の役割は実に多種多様。 電話にまつわる”あれこれ”をお届けしていきます。