Googleアナリティクスでの電話コンバージョン計測に違和感を感じていませんか?

電話問い合わせ派とweb問い合わせ派

◆Googleアナリティクスでタップ計測をする意義

Googleは、サイト閲覧者の情報を非常に細かいところまでみています。Googleの検索結果にユーザーの役に立つ情報を上位表示するためには「サイトの評価」が必要だからです。

 

このサイトの評価は公開されていませんが、Googleはアルゴリズムを使って上位表示しています。そのサイトの評価に関連しているので、サイトの中身(コンテンツ)だけでなく、インターネット上の人気投票と言われる、外部サイトからの被リンク情報なども取得しているのです。

 

たとえば、SNSやTwitterなどのソーシャルメディアから流入があったのか、それともGoogleの検索結果(オーガニック検索)からきたものなのか、ブログやまとめサイトなどの外部メディア経由なのか、流入経路は様々です。

 

その外部評価に加えて、サイト内の動きもみています。ウェブサイトの読者がサイトに訪問し、どのようにサイトをみて、どこで離脱し、どこでサイトを遷移し、何に対してしっかりと興味を抱いたかという流れをGoogleは把握しています。

 

そして、当然ながら、電話番号をクリックした回数や、どのような属性のユーザーが電話をかけてくれたのかも、Googleはデータとして取得しているのです。

 

だからこそ、実際の通話が発生したかどうかは多少あやふやでも電話のコンバージョン計測を行い、ユーザーの動きを観察することは重要と言えます。

 

 

◆コールトラッキングサービスで正確な電話のコンバージョン計測を

Googleアナリティクスでの電話計測では不十分と感じるならば、より正確な計測を約束してくれるサービスを見極めサービスの拡大に役立てるべきです。

 

コールトラッカーをはじめとするトラッキングツールも進化を遂げGoogleアナリティクスに実際の通話コンバージョンデータのみを反映させることができます。

 

タップやクリックを計測するイベントトラッキングでは実現できない、本当の電話コンバージョンによる計測が可能となるのです。

 

◆オンラインとオフライン、両方トラッキングしてはじめて横断的な広告評価が可能

Webサイト経由のオンラインコンバージョンだけでなく、Webを含めた、テレビ、新聞、チラシ、ラジオからの電話によるオフラインからの電話コンバージョンも正確に捕捉することで俯瞰して全体像を見ることができます。

 

オンラインとオフラインの統合データで横断的な広告評価が可能です。

 

何をどう改善すればパフォーマンスを上げられるか、売上アップできるか。

 

電話コンバージョンの計測からそのヒントが見つかるかもしれません。

 

 304 total views,  12 views today

この記事を書いた人
ビジネスシーンにおける電話の役割は実に多種多様。 電話にまつわる”あれこれ”をお届けしていきます。