移行迫るGoogle Analytics
オフラインコンバージョンを確実に計測するには?

Googleアナリティクス

2022年3月16日、Googleはアクセス解析ツール「Google Analytics」のサポートを2023年7月1日付けで終了することを発表しました。

Google Analyticsといえば、企業のマーケティング担当者や広告業界関係者はもちろん、ブログなどを運営する個人にも広く知られた存在。

Webサイトを訪れるユーザーの人数や属性のほか、クリック数やよく見られるコンテンツなどを計測できるツールとして、デジタルマーケティングにおいて代えの利かないものといって良いでしょう。

そんなGoogle Analyticsには、ユニバーサルアナリティクス (通称:UA) と呼ばれる前世代のバージョンと、2020年にリリースされたGoogle Analytics 4 (通称:GA4) の2タイプが存在していました。

このうち今回サポート終了が発表されたのはUAですが、上級者向けとされるGA4よりも設定が簡単なことから、GA4リリース後もUAを利用し続けるユーザーは多かったのです。

しかも、『サポート終了』とは単に有事のサポートが受けられなくなるということではなく、UAでのトラフィック計測・分析そのものが利用できなくなるのだそう。

現在もUAを利用しているユーザーは、必然的にGA4への移行を迫られることになります。

そこで今回は、
・GA4はUAと比べて何が違うのか?
・GA4移行にあたって気をつけるべきこと
をチェックしていきたいと思います。

◆GA4移行で何が変わる?

GA4では、UAには存在しなかった以下のような機能が追加されているようです。

アプリケーションのトラフィック計測
GA4ではWebサイトのトラフィックだけでなく、モバイルアプリやWebアプリの計測もできるようになりました。
正確には、UA環境でもWeb計測とは別軸でのアプリケーション計測が可能でしたが、GA4ではWebとアプリを横断的に計測することが可能となったのです。

機械学習を駆使した行動学習機能
GDPR (EU一般データ保護規則) を筆頭に、近年はインターネット上でのユーザーデータ取り扱いに関する規制が整備されつつあります。
現状では、サイトを訪問した際に発行されたCookieをサイト運営者が第三者に提供することは禁止されています。
そのため、複数のWebサイトにまたがるユーザーの行動を横断的にトラッキングすることができず、コンバージョンに至るまでの経緯を100%把握するのはほぼ不可能とされていました。

このようなトラフィックデータの穴を埋めるべくGoogleがリリースしたのが、予測機能です。

予測機能は、サイトやアプリを利用するユーザーの属性や行動履歴をもとに、ユーザーが購入や解約に至る確率を導き出してくれるというものです。

<続きを読む◆大きく変わった設定・運用方法>

 657 total views,  16 views today

この記事を書いた人
ビジネスシーンにおける電話の役割は実に多種多様。 電話にまつわる”あれこれ”をお届けしていきます。