Googleアナリティクスでの電話コンバージョン計測に違和感を感じていませんか?

電話問い合わせ派とweb問い合わせ派

◆Webサイトに問合せ用の電話番号を掲載していますか?

インターネットの利用者が増えていく中で、ネット完結型を目指し、電話番号を掲載しない企業も最近では増えてきました。

電話対応を行うためのスタッフを用意するにもコストがかかる。

 

電話窓口があるがためにクレームや、トラブルが舞い込むくらいならないほうがいいという意見もある意味納得できます。

 

効率的にオーダーを捌けるネット完結型に寄せたサービスが増加傾向にあるのは理にかなっています。

 

ただ、「電話でのコミュニケーションが苦手」というユーザーがいる一方で「問合せフォームに入力するのがメンドクサイ」という人もいるように、人が違えば性格も違うということで、多様化するユーザーに合わせて問合せの手段を複数用意した方がユーザービリティの高いWebサイトと言えそうです。

 

特に、車や不動産などの高額な商品の場合、保険・介護・士業など要件が複雑なサービスの場合、そして飲食・美容など最初のメールで予約確定まで至らないサービスの場合などは、電話での問合せを選ぶ傾向が高いと言われています。

 

必ずしもウェブ上でコンバージョンするサービスばかりではなく、実際に声を聞いて、直接 顔と顔を突き合わせてから契約したいという人も少なくありません。

 

インターネットがプレゼンスを高めつつあるとはいえ、問合せの手段は多様なユーザーに合せて複数用意するのがコンバージョン率を高める近道なのです。

 

そうしたとき、電話でのコンバージョンは大きな味方となってくれます。問い合わせをどの手段からどれだけ獲得するかは、業種・業態によって変わってきます。

 

電話からの問合せの成約率が高いのであれば、電話が発生した広告を特定することでより効果的なポートフォリオを組むことができます。

 

◆Googleアナリティクスで電話コンバージョンを知るには?

では、Googleアナリティクスで電話コンバージョンを知るにはどうしたらいいのでしょうか。

 

 

1.まず、トラッキングタグをGoogleアナリティクスから取得します。

2.次にWebサイトの電話番号欄に貼り付けて、イベントをトラッキングできるようにします。

 

しかし、ここで落とし穴があります。

GoogleアナリティクスではWeb上のアクション(タップやクリックなど)までしか捕捉できません。

 

実際の「通話」はWeb上のアクションではなく端末側の操作になるため、正確に追えないという弱点があります。

 

Googleアナリティクスで電話コンバージョンを計測する場合、電話番号が表示されたリンクをクリック/タップした回数を計測することを指し、正確な数値とは言えないのが現状です。

 

電話タップ計測の落とし穴
続きを読む<Googleアナリティクスでタップ計測をする意義>

この記事を書いた人
ビジネスシーンにおける電話の役割は実に多種多様。 電話にまつわる”あれこれ”をお届けしていきます。