新聞折込チラシでもできる最適化。費用対効果を高めるオフライン広告術

折込チラシ

過去に、媒体として強い影響力を持った「新聞」も、情報収集の仕方が電子版やネットニュースなど多様化していく中でかつてのメディアパワーは次第に弱まってしまいました。

 

しかし、新聞はオールドメディアであるがゆえに年配の方などにも、なじみがあり信頼できる媒体ですし、全国ニュースでは紹介されないようなローカルニュースや地域の情報を知るためには欠かせません。

 

新聞がなくなったら困る!という人たちの多くはインターネットで情報を得ることに普段から慣れていない方たちかもしれません。

 

不便に感じる人たちが実際にいる以上、小さなエリアであっても地方紙はなかなかなくなりません。

 

逆に読む人が一定数以上いるならば、広告も効果があるはずです。

 

ネットメディアにはネットメディアの、オフラインメディアにはオフラインメディアの相性のよいユーザー属性があり、商材との親和性が高ければ高いほど、広告効果も発揮されます。

 

つまり、折込チラシをいくつかの拠点で仕掛けるのと、ネット広告を運用するので比較したとき、前者の施策のほうが反響を稼いでくれる商材もあるのです。

 

WEB広告やSNS広告は、成果の出る運用や報告のためにも専門知識が求められるため独学ではとっつきにくい印象もあります。

 

WEB広告は、行った施策の振り返りと、改善がスピーディーに繰り返すことができる強味があり、一定の段階まではそれほど労せずに効果の改善を実現することができます。

 

競争させ、効果の高かったパターンを勝ち上がりとするようなアクションを繰り返せば、検証に裏打ちされた「結果が出やすい施策」を突き止めることができるのです。

 

WEB広告は数字とにらめっこし、調整を繰り返し続ければ成果はあがって然るべきなのです。

 

◆WEB広告ではパラメーターを使って判別する

WEB広告と一言で言ってもその種類は相当です。

ですが、WEB広告をメインで扱う広告代理店であればおおよそGoogle広告かYahoo!広告のことを指していると考えて間違いないでしょう。

 

Google広告、Yahoo!広告、どちらを運用するとしてもその多くが関連する「キーワード」や「キャンペーン」とセットで考えられます。

 

例えば、「おいしい肉まん」を売りたいと考えたときユーザーはどのように検索ウィンドウに文字を入力するか?を想像します。

 

「ボリューム 中華まん」というキーワードで検索された際、広告が配信されるようにキャンペーンをセットしたとき10件の問い合わせが来ました。

 

しかし後日キーワードをチューニングして「中華街 肉まん」のキーワードでキャンペーン出稿したとき30件の問い合わせがきました。

 

この結果から、反響が高まったことは明白なのですが、複数のキャンペーンを同時に行っていた場合などはどのキャンペーンがよい働きをしたのかまではわかりません。

 

そのため、広告のキャンペーンごとにパラメーターをセットして、さかのぼることで効果の出所を突き止め、予算配分を集中させた結果、効果的な運用に近づいていくこととなります。

 

GoogleでキャンペーンビルダーというURLの生成のためのツールを用意していますのでパラメーターのセット方法も難しくありません。

 

必須項目を入力するとパラメータを含むURLを自動的に生成してくれる優れものです。

続きを読む<◆オフライン広告における「パラメーターの役割」>

 408 total views,  12 views today

この記事を書いた人
ビジネスシーンにおける電話の役割は実に多種多様。 電話にまつわる”あれこれ”をお届けしていきます。