オフィスの電話が鳴らなければ「生産性は上がる」は本当か?

電話対応 生産性

◆電話をかけてきたモチベーションを殺さない

数ある連絡手段の中から、電話を選択し問い合わせてきたということはいますぐ状況を進展させたいモチベーションを持った対象です。

その「問合せ」へのリアクションを自社の生産性ファーストで先延ばした代償はどこかに作用します。

結局は経営判断で、自分たちはどこを大事にしてどこを切り捨てるかは各社考え方が異なります。

取り扱うサービスや、商材の特性を踏まえ、スタッフの働き方と顧客体験のバランスを考えましょう。

電話代行サービスは、優れたサービスですが「明らかな営業電話」にフィルターをかける方法は他にもあります。

電話対応 生産性

例えば、音声ガイダンスを流し目的別で分岐させるというだけでも快適な職場環境に近づきます。

人を介さずに直接担当へ転送する仕組みですが、営業電話をかけてくる業者に「この受付を突破するのは面倒だな」と思わせるのです。

電話との付き合い方は、企業文化や規模間、定常的な業務のフローによっても理想が異なります。

電話を含むコミュニケーションの最適化についてはこちらの記事でもご紹介しています。

コミュニケーションの最適化に課題感をお持ちのご担当者様は、ぜひご相談ください。

 1,124 total views,  8 views today

この記事を書いた人
ビジネスシーンにおける電話の役割は実に多種多様。 電話にまつわる”あれこれ”をお届けしていきます。