Google広告やGoogleマイビジネスに表示できる電話番号は限られている

電話番号表示オプション

チラシやDMなどのオフライン広告には根強い広告効果がありますが、コロナ禍以降 店舗型・来店型のビジネスが勢いを失ったこともありWEB上での広告やSNS活動が重要性を増しています。

 

ネットユーザーの興味を自社サービスに向けるための工夫を各社行っていますが、WEB広告を始めようと考えたときにもっともベーシックな取り組みとなる一歩目がリスティング広告ではないでしょうか。

 

リスティング広告は検索されたキーワードに対して、広告を出す仕組みです。
出稿したいキーワードに対して複数の事業者が手を挙げていた場合は、入札金額の高い事業者から目立つ場所に陣取って自社サービスの宣伝を露出させることができます。

 

競合が目をつけていないけれど、サービス購入に直結しやすい検索キーワードを見つけることがデジタルマーケティングでは重要視されているのはそのためです。

 

一方、Googleマイビジネスは実店舗型のビジネスにおいて真っ先に取り組むべき情報プラットフォームです。
今日のようなネット社会では、欲しい情報がすぐに手に入らないことは「不便」「不親切」というネガティブな印象を持たれてしまいがちです。

 

SNSやインターネット、アプリなどあらゆる情報がネット上に転がっている中で多くのネットユーザーは、信頼のおける情報の掲載場所を真っ先に目指します。

 

GoogleマイビジネスGoogle広告同様、Google社の提供するサービスの一つでネット上の地図サービスです。
地図に紐づく情報を充実したするために店舗や施設の関係者が、情報を追加したり更新できます。

 

ネット検索結果でも必ず上位に露出されるため、最低限の運用を行うだけでもそれなりの効果が見込めます。
「地図情報の最適化(MEO対策)をしませんか?」という案内も世の中に溢れていますがまずは勝手を知るために自身の手で「できるところまでやってみる」ことをお勧めします。

 

◆電話番号を露出することで起こるメリットデメリット

<Google広告の場合>
Google広告には、「電話番号表示オプション」という機能があります。
リスティング広告の出稿箇所に電話番号を表示できるようになります。

 

電話番号表示オプションにより、ユーザーはタップ操作ひとつで電話をかけるので広告からのランディングを挟まずにダイレクトにコンバージョンを獲得できます。

 

操作性のじれったさから、熱量の高いユーザーを逃してしまうようなリスクを軽くできるのです。
遷移先のLPを見て、イメージと違ったな・・・というようなガッカリ感を与えてしまうとユーザーはすぐ次に目移りしてしまいます。

 

Google広告の「電話番号表示オプション」はランディング前に仕留めることもでき、ユーザー離脱を簡単に防止のできる有効な一手です。

 

<Googleマイビジネスの場合>
ではGoogleマイビジネスにおける電話番号の役割はどうでしょうか。
行きたい飲食店、美容室、歯医者など店舗数が多く存在する業態にはおおよそ民間企業による検索サイトが充実しています。

 

一昔前までは、このような検索サイトにだけ出稿していればでしたがサイトの数や安定的な集客が見込めていましたがSNS、媒体が多様化したことで構図は一変しています。

 

自社サービスに関連するオウンドメディアを立ち上げてみたり、スタッフブログやSNSを使った情報発信、LINE公式アカウントを利用した囲い込みなどの自助努力が不可欠です。

 

有力なプラットフォームで一次情報に触れた後、最終的にGoogleマイビジネスやGoogleMAPで情報の信頼性を確かめる行動は珍しくはなくなっています。

 

そこでGoogleマイビジネスにしっかりと電話番号が表示されているかどうかは、来店に至るかどうかの境目です。
Googleマイビジネスには様々な情報が追記できるようになっており、WEBサイトや予約が直接行えるような動線も設置されており今後も充実していくことでしょう。

 

Googleマイビジネスからの予約が行えるのは便利なのですが、お店のスタッフに正しく情報が伝わっているか、本当に予約が成立しているのか不安という声もあります。

 

まだ改善の余地を多く残した予約や問い合わせの方法より、電話はシンプルで確実です。

 

業種・業態にもよりますが、直前の予約になればなるほど電話は頼られやすい問い合わせ手段です。

 

続きを読む<◆WEB広告に表示できる狙い目の電話番号とは? >

 328 total views,  4 views today

この記事を書いた人
ビジネスシーンにおける電話の役割は実に多種多様。 電話にまつわる”あれこれ”をお届けしていきます。