電話の効果測定は広告予算の最適化を加速させる

広告費サイテキカー

◆効果測定で機会損失を減らしコンバージョンを上げる!

電話計測(コールトラッキング)を導入することにより、不在着信や通話中といった機会損失を含め、数値化することによって電話の効果測定をしっかりと認識できます。

また、機会損失がいつ起きているかを把握することで、電話の問い合わせの多い時間帯に合わせ、人員配置をするなど、問い合わせのアクションを想定した対応ができるようにもなります。

通話が多い時間のオペレーションの人数を増やし、営業時間外の対応アナウンスやメール通知を利用することで、未然に機会損失そのものの予防が期待できます。

通話の時間と電話番号のログをお知らせすることで、今まで取りこぼしていたコンバージョン率を底上げするとともに、お客様の満足度や企業イメージのアップに繋がります。

連携で広がる世界

またコールトラッカーでは、CRMやWeb解析ツール、広告出稿システムなど、API連携ができるので、業務効率化や広告効果の一元化が図れます。

コールトラッカーを利用するだけで、これらのメリットを一挙に手にいられます。

やみくもな予算投下から脱却、効果的な広告出稿を

CPAの比較

スマホの普及により、WEBからワンタッチで電話をする人が増えました。

場合によっては、その電話がそのままご契約に繋がる事もあります。

当然、オフラインの媒体広告からの電話も未だに多いのは変わりません。

だからこそ、電話の効果測定をしっかりとすることで、広告媒体を効率よく活用することができ、より細やかな対応を実践することができるようになります。

ただやみくもに、費用を広告に投資するのではなく、スマートに効果的な広告を投下することで、今まで以上の収益に繋げることができます。

オンラインの調査だけでなく、オフラインの電話による効果測定を見直し新しい事例として取り組んでみてはいかがでしょう。

 2,513 total views,  4 views today

この記事を書いた人
ビジネスシーンにおける電話の役割は実に多種多様。 電話にまつわる”あれこれ”をお届けしていきます。