電話の効果測定は広告予算の最適化を加速させる

広告費サイテキカー

あなたは電話の問い合わせを行うとき、携帯からかけますか?固定電話からかけますか?

近年のスマホの普及にともない、携帯電話からの問い合わせの割合が増えています。

コールトラッカーのご利用事業者様の統計では携帯からが7割、固定からが3割という比率になっています。

(業種などにより差はあります)

 

そのため、BtoB、BtoCに関わらず、電話からのコンバージョン対策は企業が考えるべき重要な課題です。

また、いくつもの広告媒体を利用している場合は、しっかりと効果測定をしなければ、

「質の高い媒体で効果的な広告配信ができているか。」

その答え合わせをしないまま肌感覚で運用を行っていることになります。

効果の低い広告を減らし、正確な効果測定を追及する必要があります。

効果測定で答え合わせ
WEBマーケティングの強みとは?

出稿中の広告がどのくらい効果があり、どれくらいの契約・収益に結びついたのかを数値化し分析できることがWebマーケティングの強みです。

広告による効果が数値化できれば、どの媒体やサイトにどんな広告を設置するべきか判断指標になります。

そして、コンバージョン率を客観的に判断することで、指標に基づいた分析ができるため、最適なコストで期待値を計ることができます。

結果的に、より効果の高い広告を選び、設置することで会社の収益があがるのです。

 

◆ウェブでの効果測定は簡単便利! でも弱点はないの?

広告の効果を計測するためのツールを提供しているWEBサービスは、幾つも存在しています。

最も認知され、利用されているのが“Google アナリティクス”です。

どんな Web サイトでも簡単に導入することができて、WEBサイトや書籍などで使い方が多数紹介されているため、さまざまな形で詳細なデータを取得出来ます。

 

そのため、Google アナリティクスは Web の効果測定において大きな役割を与えて果たしていますが、実はデメリットもあるのはご存知でしょうか?

続きを読む<オフライン広告からの問い合わせはGoogle アナリティクスでは拾えない>

でんとら
この記事を書いた人
ビジネスシーンにおける電話の役割は実に多種多様。 電話にまつわる”あれこれ”をお届けしていきます。