クライアントへの提案の要。広告運用で差をつける電話のキーワードトラッキング

検索ワードとでんわ

世の中には、様々なサービスがひしめいています。

 

オンラインで、初回接触から情報収集、購入、決済まで完結してしまうものもあれば正反対のサービスもあります。

 

性質上、電話の反響が占める重要性が高い業種やサービスも非常に多くあります。

 

Web全盛の現代ですが、手軽に申込ができる一方で、その分きめ細かいサービスを受けられず申し込みや購入に対して不安を感じてしまうという場面、身に覚えはありませんか?

 

例えば高額な家具や車、一点物の着物、物件の購入などは専門的なスタッフに相談したり、見比べたりしてから購入を決めたいと考える方も多いのではないでしょうか。

 

そのような商材の場合、電話での問い合わせは重要で、企業側も一件の問い合わせに価値を感じています。

 

そして、その電話は何をきっかけにかかってきたのかを見極めたいと考えているのです。

 

ここ数年の傾向として、Webマーケティングの領域を得意とする広告代理店からのコールトラッキングニーズが非常に多く寄せられています。

 

そして、問い合わせには電話発生に至った際の「検索キーワードをトラッキングしたい」という要望が多いという特徴があります。

 

広告代理店にとっても、Web上のコンバージョンに至った出稿キーワードだけを見て最適化を図るのは最低限の仕事で、それだけでは競合に勝る決定打にかけると感じています。

 

電話の反響をしっかり測定したいというクライアントの意向を汲み、総合的に最適化をかけていくならば不可欠な取り組みだということに気づき始めているのです。

 

しかし、広告出稿したキーワードと電話の反響を紐づけてその関係性を見極めるためには、どのような運用が求められるのでしょうか。

 

◆パフォーマンスの良い広告媒体や出稿キーワードを見極めるには

電話の反響が発生した際の検索キーワードを把握するには条件があります。

 

まずは、①電話の反響をログとしてしっかりとれること。

 

次に②Web上の広告を踏んで番号表示があるページへ流入してきたユーザーの足取りが追えることです。

 

電話の反響に関していえば、コールトラッキングサービスを使うことで測定ができます。

 

Web上の動きに関してもしっかり設定さえ行われていればGoogleアナリティクスのような解析ツールで可視化できます。

 

しかし、問題は①と②が紐づかないというところです。

 

Web上の動きは解析ツールでトラッキングしていたとしても、ユーザーが電話をかけるというアクションを選択したとき追跡は通常、途絶えてしまいます。

 

そのため、Webと電話(オフライン)を紐づけてトラッキングできる仕組みが必要となるのです。

 

紐づける技術が確立されることで、Web解析ツールで取得できている、媒体の計測や出稿キーワードの情報は通話ログと繋がることができます。

 

 

続きを読む<◆様々なIDをキーとしてコールの発生を正確に識別 >

この記事を書いた人
ビジネスシーンにおける電話の役割は実に多種多様。 電話にまつわる”あれこれ”をお届けしていきます。