マーケターの落とし穴。電話反響を重要なコンバージョンとして扱うべき根拠とは

間違ったレポーティング
◆検索後のユーザーアクション、なんと4割が電話によるコンバージョン

インターネットで検索した後のユーザー・アクションはサービスサイトへの流入や問い合わせをコンバージョンとして定める。これは、多くのマーケターが行っていると思います。
しかし、見落としがちなのが電話によるコンバージョンです。

 

反響数が少なければ、捨てておいて構わないという見方もありますが実は反響の40%以上が電話であると言われています。
ゆえに電話コンバージョンは、マーケターが気にしなければならない重要な指標なのです。
可視化しやすいWebでの情報のみにフォーカスしていては、報告としても分析としても十分ではありません。

あなたの会社のマーケターはどうでしょうか?

何気なく突っ込んでみて返答に窮しているようであれば、今からでもしっかりと取り組むことをお勧めいたします。
Webサイトのコンバージョンを増やすことは、企業が利益を上げるための重要な要素です。

電話反響やアクセス数が増えたとしても、コンバージョン率が上がらなければ意味がありません。
それでは、どうすれば電話コンバージョンを上げることができるのでしょうか。
今回は、電話コンバージョンとは何か、そしてそれがいかに重要かについてを解説します。

◆コンバージョンとコンバージョン率とは?

コンバージョン(Conversion)とは、変換、転換、交換といった意味を持つ英単語ですが、インターネット上では、Webサイトにおける最終目標の達成成果を指します。
また、コンバージョン率(Conversion Rate:コンバージョンレート)とは ECサイトや企業サイトにアクセスした総閲覧者数に対して、実際に購入して収益に結び付いた割合です。

企業はPDCAサイクルを回して最適化を考えるのが一般的です。

コンバージョンやコンバージョン率を把握し、改善を図ることは重要と 考えられ、今日では多くの企業で実践されています。
自社にそのノウハウがない場合は専門的な広告代理店に依頼する企業も多く、企業側の要望をうけてコールトラッカーの利用を希望する代理店からの問合せ数は毎年増加傾向にあります。
Webサイトのアクセスや電話反響といったお問い合わせがいくら増えても、最終的に利益にならなければ意味は半減してしまいます。
コンバージョンは集客施策の効果を検証する重要な指標のひとつです。

続きを読む<電話コンバージョンの重要性>

でんとら
この記事を書いた人
ビジネスシーンにおける電話の役割は実に多種多様。 電話にまつわる”あれこれ”をお届けしていきます。