D2C最前線 シニア顧客との最適なコミュニケーションを考えよう

シニア世代コミュニケーション

世の中には便利な商品、サービスが溢れています。

サービスを提供する側は、顧客に選ばれ続けるためにコミュニケーションをはかり「ファン」になってもらいたいという気持ちがあります。

では、サービスを提供する側と顧客とのコミュニケーションはどのような場面でおこなわれるでしょうか。

  • 購買意欲を誘う
  • キャンペーン案内
  • リピートの催促
  • 購入後のフォロー

これらを目的としたメッセージを顧客に届けるため、さまざまな媒体が用いられています。

従来、用いられてきた手法としては、電話やダイレクトメール、メールマガジンが代表的です。

これらに加えて、近年ではLINEを始めとするチャットアプリでメッセージを送ったり、ソーシャルメディアへの写真・動画投稿を通じて幅広い顧客層にアプローチする方法が主流となってきています。

デジタル世代の顧客とのコミュニケーションは、カジュアルさがカギ

特に、EメールやLINEといったテキストベースの媒体は、商品・サービスのPR以外のコミュニケーションにおいても、企業と顧客をつなぐ役割を担っています。

  • アカウント作成時やログイン時の2段階認証
  • サービス利用料金の請求
  • 返却期限の迫った物品の催促

若年層に向けた販売促進メッセージには、LINEやSNSといった利用率の高い媒体を使うのが有効であることは、言うまでもありません。

LINEやSNSは、従来のコミュニケーション手段と比べると、テキスト以外にも画像や動画など視覚的にリッチなメッセージを届けることができるため、デジタル世代の顧客・潜在顧客により強烈な印象を与えることができます。

中でも、LINEは企業や店舗が公式アカウントを開設しており、企業と顧客の関係をより密接なものにしてくれます。

続きを読む<◆D2Cにおける接客の落とし穴>

 328 total views,  4 views today

この記事を書いた人
ビジネスシーンにおける電話の役割は実に多種多様。 電話にまつわる”あれこれ”をお届けしていきます。