牛を無駄死にさせない緊急通報

U-MOTION

日本には松坂牛や米沢牛、神戸牛など数多くのブランド牛があり、国内のみならず海外にも根強いファンがいます。

お中元などのご贈答にも喜ばれる高級食材です。

日頃当たり前に食卓に並ぶ、牛肉や、豚肉も畜産農家の努力によって届けられています。

人間も、ご飯を食べたり、水を飲んだり排泄したり、それだけでなく立ったり歩いたり、横を向いたりといった様々な行動をするように動物たちも様々な動きをします。

例えば、牛は数百キロの大きさに成長すると自力で起き上がることもできなくなる場合もあるそうです。

そのままスタッフに気づかれることなく窒息してしまう場合もあり、手塩をかけて育ててきた生産者にとってはいたたまれません。

畜産業界では、そういったアクシデント検知するためにセンシング技術が活用されています。

牛の行動を詳細に記録・測定するU-motionというサービスは畜産農家の生産性を支えています。

多くの畜産農家では慢性的な人手不足や、ロスが起きているといいます。

今にも窒息死しそうな牛の命を救う局面は、緊急性の高いアクシデントですがメールで知らせていては気づくまでは時間がかかりすぎてしまいます。

常に監視をしているため、検知から通報のアクションまでスピーディに行われている。

にもかかわらず、受け手の環境と通知手段のミスマッチにより報われない。

U-motionからのアラートに確実に気づくことができる通知手段とその先のリレーションを整えなければ、この問題は解決されません。

せっかく届いているアラートを、畜産農家に気付く形で伝え 牛のもとに駆け付けるためにはどのようなオペレーションを加える必要があるでしょうか。

続きを読む<◆メールよりも強力な主張をする通知手段 >

 484 total views,  8 views today

この記事を書いた人
ビジネスシーンにおける電話の役割は実に多種多様。 電話にまつわる”あれこれ”をお届けしていきます。