売上に直結するからこそ考えたい通知の最適化

通知の最適化

私たちは、スマートフォンやパソコンなど端末に囲まれて生活する中で メールやチャットや電話など様々な通知や連絡を受けとっています。

アプリなどのポップアップ通知や二段階認証なども含めると膨大な量のメッセージが舞い込んでいることになります。

それらの通知の中で重要なものには即返信したり、電話で折り返したり、後回しにしたり・・・という判断を日常的に行っているのです。

場合によって有無を言わさず駆けつけなくてはならないような重大なリスクをはらんでいるものもあるでしょう。

◆通知をうけとった次の行動

基本的なことですが、通知には対応すべき優先順位があります。

自動でフィルタリングしたり 担当がフォルダごとに仕分けを行ったりして それぞれに対応漏れ、連携漏れをなくす仕組みを設けているはずです。

ひとつの管理画面に、全ての問い合わせが集約されが一元管理できることこそ理想です。

しかしながらサービス間をつなぐAPIも絶対とは言い切れませんし、連携した各サービスの不具合やアップデートによる影響をゼロにするのも現実的ではありません。

そこで、発想を変えてみるとどうでしょう。

優先すべき重要な問合せを目立たせ対応を急がせることはできるはずです。

メールや管理画面の通知では見落としがちな、予約や問い合わせが発生したことをきっかけにして内容を電話で知らせることができれば、少なくとも「気づかなかった」といった自体は避けられます。

続きを読む<◆グルメサイト契約店舗への緊急性の高い通知とは >

 484 total views,  4 views today

この記事を書いた人
ビジネスシーンにおける電話の役割は実に多種多様。 電話にまつわる”あれこれ”をお届けしていきます。